自伝

キャロル・キング自伝 その4

夫リックのDV リック、バンドメンバーを殴る 結末 ボブ・ディラン 前回の続き。 キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン 作者:キャロル・キング 発売日: 2013/02/23 メディア: 単行本 夫リックのDV リックは自分の作る曲がメロディアスで、歌詞には…

キャロル・キング自伝 その3

ジェイムス・テイラー ザ・シティ ジェイムス・テイラーと「ソー・ファー・アウェイ」 『つづれおり』 四パターンの試聴形態 全英ツアーの思い出、ジョニ・ミッチェル ジョンとヨーコの家へ 前回の続き。 キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン 作者:キ…

キャロル・キング自伝 その2

ブリティッシュ・インヴェイジョン 「ナチュラル・ウーマン」 アロノウィッツとミドル・クラス 夫のLSD中毒 ブライアン・ウィルソン 西へ ローレル・キャニオン トニ・スターンの歌詞 前回の続き。 キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン 作者:キャ…

キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン

リズム&ブルース サラダ・デイズ アル・パチーノ デートに誘われず ジェームズ・ディーン、 ナタリー・ウッド ポール・サイモンとカズンズ ジェリー・ゴフィン登場 結婚、アルドンとの契約 「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」 「ロコモーション」 郊…

ポップスの作り方 田島貴男(オリジナル・ラブ)

ポップスの作り方 田島貴男(オリジナル・ラブ) (ギター・マガジン) 作者:田島 貴男 発売日: 2016/10/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) 「接吻」には阿久悠の影響 10代はずっとパンク/ニューウェイブだったから、ひたすらカッコいいもの、アグレッシブな…

ハービー・ハンコック自伝 その6

ウィントン・マルサリス ロックイット コカイン 『ラウンド・ミッドナイト』 前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本 ウィントン・マルサリス [フレディの遅刻…

ハービー・ハンコック自伝 その5

移籍 ファンクへの転身 純粋なファンクをやりたい 『ヘッド・ハンターズ』の成功 VSOPクインテット 初めてのパソコン アップルⅡ 十六ビットのマスター・コンピューター フェアライト登場 前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う…

ハービー・ハンコック自伝 その4

エレクトリック・ピアノ ビル・コスビー エムワンディシ スピリチュアルな体験 シンセサイザー導入 『クロッシングズ』 入信の経緯 前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メデ…

ハービー・ハンコック自伝 その3

コカイン、LSD 〈処女航海〉と初めての映画音楽 プラグド・ニッケル 左手を使うのを止めろ 『欲望』 『スピーク・ライク・ア・チャイルド』 前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07…

ハービー・ハンコック自伝 その2

〈ウォーターメロン・マン〉 ACコブラ マイルス・デイヴィス・クインテット コブラvsマセラティ マイルスの謎めいた言葉 「バター・ノートを弾くな」 トニー・ウィリアムス ウェイン・ショーター 前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可…

ハービー・ハンコック自伝

ジャズは瞬間に生きる音楽 強迫的な探求心 初めてのジャズ バードに誘われニューヨークへ 〈ウォーターメロン・マン〉 ルディ・ヴァン・ゲルダー エリック・ドルフィー ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発…

ゲイリー・バートン自伝 その3 僕はゲイ

前回の続き。 ゲイリー・バートン自伝 作者:ゲイリー・バートン 発売日: 2017/06/05 メディア: 単行本 《コラム》レッド・ノーヴォ “ヴァイブの父”と言えばライオネル・ハンプトンの名前が即座に浮かぶが(略)ヴィブラフォンが発明される以前の二〇年代にシ…

ゲイリー・バートン自伝 その2 モンク、エリントン

前回の続き。 ゲイリー・バートン自伝 作者:ゲイリー・バートン 発売日: 2017/06/05 メディア: 単行本 『ブロンド・オン・ブロンド』、チェット・アトキンス [ディランの『ブロンド・オン・ブロンド』]に影響を受け、いまも素晴らしい記憶として心に残る自分…

ゲイリー・バートン自伝

《コラム》ライオネル・ハンプトン ゲイの自覚 ヴィブラフォン ジム・ホールの助言 スタン・ゲッツ 《コラム》スタン・ゲッツ アストラッド・ジルベルト MJQ 《コラム》ミルト・ジャクソン ゲイリー・バートンに興味がない人にも勧められる点。 著者が好…

ゴッホの手紙 絵と魂の日記

そうだ、結局のところ何かがあったのだ ぼくの手は、ためらいなく素描や遠近法に取り組んでいる 昨今の美術市場について ぼくに欠けていることは実践だ ぼくは確信している ぼくの絵はもっとよくなる 印象主義は何も主張しない ゴッホの手紙―絵と魂の日記 作…

フラクタリスト マンデルブロ自伝

フラクタリスト――マンデルブロ自伝―― 作者:ベノワ・B・マンデルブロ 発売日: 2013/09/20 メディア: 単行本 発端 「この抜き刷りをおまえにやろう。こんなばかばかしいものを気に入るのはおまえしかいないから」 ショレム叔父を訪ねて帰り際に言われた言葉が…

ニール・ヤング 回想 その2

CSN 一九三四年型ベントレー直動式クーペ 一九五一年型ウィリス・ジープスター 旧車マニア 癲癇の発作 シトロエン・マセラティ リンカーン・コンチネンタル 『デッドマン』 前回の続き。 ニール・ヤング 回想 作者: ニール・ヤング,清水由貴子 出版社/メーカ…

ニール・ヤング 回想

キャデラック エルドラド ビアリッツ 鉄道模型 自己表現欲求の芽生え ジミー・リード デル・シャノン 1954年型パッカード 一九五七年型コルベット 二巻で出てる自伝(ニール・ヤング自伝Ⅰ - 本と奇妙な煙)と何が違うか。 向こうは時系列バラバラでとりとめ…

私のイラストレーション史 南伸坊

話の特集、和田誠 美学校 木村恒久先生 唐十郎の講義 土方巽の講義 墨池亭黒坊と「伸坊」 和田誠の功績 青林堂 編集者のころ 私のイラストレーション史 作者: 南伸坊 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2019/05/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商…

ヒップの極意 ドナルド・フェイゲン

ヘンリー・マンシーニのデラックスな無規範状態 皮質・視床停止──SFで育つ ヒップの極意 EMINENT HIPSTERS 作者: ドナルド・フェイゲン,奥田祐士 出版社/メーカー: DU BOOKS 発売日: 2014/06/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4…

ブライアン・ウイルソン自叙伝 ビーチボーイズ光と影

僕がクビだって? もう曲が書けない 父の暴力 父の曲が流れた日 僕の作曲法 オリジナル曲 〈サーファー・ガール〉 父との対立 ブライアン・ウイルソン自叙伝―ビーチボーイズ光と影 作者: ブライアンウイルソン,トッドゴールド,Brian Wilson,Todd Gold,中山康…

ムーンウォーク マイケル・ジャクソン自伝

チャイルド・スターの苦悩 性のめざめ 前座時代、ジャッキー・ウィルソン ダイアナ・ロス 殺到する女性ファンへの恐怖 にきび ドラッグ 危機感 新装版。原著が1988年、翻訳は2009年出版。マイケル29歳。 ムーンウォーク: マイケル・ジャクソン自伝 作者: マ…

「大人計画」ができるまで 松尾スズキ

福岡時代、片葉みはる 宮沢章夫 初公演 人力舎 「俳優の笑い」 客演 マンガ家志望 かつての盟友・温水洋一について 宮藤官九郎 『溶解ロケンロール』 荒川良々、井口昇 チラシ文化 「大人計画」ができるまで 作者: 松尾スズキ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発…

ほぼ日の経営 糸井重里 「本当の平等」はない

「心」の問題、「LIFE」 弟子と社員の違い 会社組織図 「糸井先生」稼業を止めた訳 「おじさん成分」と「お父さん成分」 組織 ブレーキ 「いい方向」 風通しのよさ 糸井重里のイメージが80年代サブカルで止まってるので、あの糸井重里が「LIFE」がど…

ニール・ヤング自伝 II

渚にて 《ラスト・ネヴァー・スリープス》 デイヴィッド・ブリッグス オーヴァーダブはしない マッセイ・ホール バッファロー・スプリングフィールド わたしがつくるのはアルバムだ 本物のエコー・チェンバー 前回の続き。 ニール・ヤング自伝II 作者: ニー…

ニール・ヤング自伝Ⅰ

曲づくりの方向を決めてくれた曲 スクワイアーズは マイナー・バーズ、リック・ジェームス サン・グリーン チャールズ・マンソン フェスティヴァル・シーティング 作曲 《今宵この夜》、ジョニ・ミッチェル グリーン・カード ジェリー・ガルシア 全二巻だけ…

音職人・行方洋一の仕事 伝説のエンジニアが語る日本ポップス録音史

初録音 ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」 坂本九「見上げてごらん夜の星を」 弘田三枝子「ビー・マイ・ベイビー」 爆音バンド、ブルージーンズ 尾藤イサオ「悲しき願い」 「音屋会」 不良社員 奥村チヨ 安西マリア「涙の太陽」と「行方式ジェットマシーン」 …

ザ・バンド 軌跡  ロニー・ホーキンスとの出会い

サニー・ボーイ・ウィリアムスン プレスリー フォーバス知事 ロニー・ホーキンスとの出会い モリス・リーヴァイ ボ・ディドリー ロビー・ロバートソン ザ・バンド 軌跡 作者:リヴォン ヘルム 発売日: 1998/12/10 メディア: 単行本 サニー・ボーイ・ウィリア…

マイケル・ムーア、語る。

マイケル・ムーアの死刑 脅迫から暴力へ 二年半表舞台から姿を消す ロバート・ケネディ マイケル・ムーア、語る。 作者: マイケル・ムーア,満園真木 出版社/メーカー: 辰巳出版 発売日: 2013/10/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る マイ…

運命 文在寅自伝

盧武鉉(ノ・ムヒョン)との出会い 盧武鉉の情熱と原則 盧武鉉、 初出馬ポスター 2002年大統領選 父と母 憲法 イラク派兵 「国家保安法廃止」 舌禍トラウマ 運命 文在寅自伝 作者: 文在寅,矢野百合子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/10/05 メディア…