自伝

ハービー・ハンコック自伝 その6

前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本 ウィントン・マルサリス [フレディの遅刻癖にうんざりしていた時に、ウィントンを紹介され、フレディとの交代を思いつ…

ハービー・ハンコック自伝 その5

前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本 移籍 [ワーナーでの三枚はマスを獲得できず、放り出されて価値を落とす前に移籍しようとデイヴィッドが画策] ブルース…

ハービー・ハンコック自伝 その4

前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本 エレクトリック・ピアノ [『マイルス・イン・ザ・スカイ』を仕上げるためスタジオに行くと、マイルスが「あれを弾け」…

ハービー・ハンコック自伝 その3

前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本 コカイン、LSD マイルスはドラッグの問題を抱えていたことで知られているが、私の知っているかぎり、それが理由で仕事…

ハービー・ハンコック自伝 その2

前回の続き。 ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本 〈ウォーターメロン・マン〉 一九六二年末、私は初めてラテン・グループに入ってライヴを行なった。グループのリーダ…

ハービー・ハンコック自伝

ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅 作者:ハービー・ハンコック 発売日: 2015/07/10 メディア: 単行本 ジャズは瞬間に生きる音楽 一九六〇年代半ば、スウェーデンのストックホルム。私はマイルス・デイヴィス・クインテットのピアニスト…

ゲイリー・バートン自伝 その3 僕はゲイ

前回の続き。 ゲイリー・バートン自伝 作者:ゲイリー・バートン 発売日: 2017/06/05 メディア: 単行本 《コラム》レッド・ノーヴォ “ヴァイブの父”と言えばライオネル・ハンプトンの名前が即座に浮かぶが(略)ヴィブラフォンが発明される以前の二〇年代にシ…

ゲイリー・バートン自伝 その2 モンク、エリントン

前回の続き。 ゲイリー・バートン自伝 作者:ゲイリー・バートン 発売日: 2017/06/05 メディア: 単行本 『ブロンド・オン・ブロンド』、チェット・アトキンス [ディランの『ブロンド・オン・ブロンド』]に影響を受け、いまも素晴らしい記憶として心に残る自分…

ゲイリー・バートン自伝

ゲイリー・バートンに興味がない人にも勧められる点。 著者が好きだったり交流があったりしたジャズ・ミュージシャンについてのコラムが面白いのでジャズ・エッセイが好きな人にいいかも。 ゲイを自覚する1943年生まれの米国人がカミングアウトに至るまでど…

ゴッホの手紙 絵と魂の日記

ゴッホの手紙―絵と魂の日記 作者: H.アンナスー,H.Anna Suh,千足伸行,冨田章,藤島美菜 出版社/メーカー: 西村書店 発売日: 2012/07/01 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る [1880年6月] 一体何ができるのだろうか。内面に起こるものは、外面に現れ…

フラクタリスト マンデルブロ自伝

フラクタリスト――マンデルブロ自伝―― 作者:ベノワ・B・マンデルブロ 発売日: 2013/09/20 メディア: 単行本 発端 「この抜き刷りをおまえにやろう。こんなばかばかしいものを気に入るのはおまえしかいないから」 ショレム叔父を訪ねて帰り際に言われた言葉が…

ニール・ヤング 回想 その2

前回の続き。 ニール・ヤング 回想 作者: ニール・ヤング,清水由貴子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/01/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る CSN CSNには独自のサウンドがある。そこにわたしの声がどうしたら溶けこめるのか。三声…

ニール・ヤング 回想

二巻で出てる自伝(ニール・ヤング自伝Ⅰ - 本と奇妙な煙)と何が違うか。 向こうは時系列バラバラでとりとめない回想。こちらの方はニール・ヤング直筆の愛車イラスト&旧車マニア話とともに時系列での回想。 音楽に関する話はあまりダブってない。 ニール・…

私のイラストレーション史 南伸坊

私のイラストレーション史 作者: 南伸坊 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2019/05/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 話の特集、和田誠 『話の特集』 で和田誠さんのした[『暮しの手帖』の]パロディ、『殺しの手帳』には、…

ヒップの極意 ドナルド・フェイゲン

ヒップの極意 EMINENT HIPSTERS 作者: ドナルド・フェイゲン,奥田祐士 出版社/メーカー: DU BOOKS 発売日: 2014/06/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る ヘンリー・マンシーニのデラックスな無規範状態 アメリカの父親と…

ブライアン・ウイルソン自叙伝 ビーチボーイズ光と影

ブライアン・ウイルソン自叙伝―ビーチボーイズ光と影 作者: ブライアンウイルソン,トッドゴールド,Brian Wilson,Todd Gold,中山康樹,中山啓子 出版社/メーカー: 径書房 発売日: 1993/05/01 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (10件) を見…

ムーンウォーク マイケル・ジャクソン自伝

新装版。原著が1988年、翻訳は2009年出版。マイケル29歳。 ムーンウォーク: マイケル・ジャクソン自伝 作者: マイケル・ジャクソン,田中康夫 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/05/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る チャイルド・ス…

「大人計画」ができるまで 松尾スズキ

「大人計画」ができるまで 作者: 松尾スズキ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/12/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 福岡時代、片葉みはる 福岡で「虚業」っていうか「表現」することに興味がある人は少ない分、出会うと仲間意識が強…

ほぼ日の経営 糸井重里 「本当の平等」はない

糸井重里のイメージが80年代サブカルで止まってるので、あの糸井重里が「LIFE」がどーしたと「ユソマリ」的なこと言ってる、これはどれだけサブイ展開になるのか確認しようではないかと読み進めると、コピー職人から転身する際の気持ちなども語られて、…

ニール・ヤング自伝 II

前回の続き。 ニール・ヤング自伝II 作者: ニール・ヤング,奥田祐士 出版社/メーカー: 白夜書房 発売日: 2013/01/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 渚にて [《アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ》のジャケット・デザインから…

ニール・ヤング自伝Ⅰ

全二巻だけど、二段組にして活字を小さめにしたら1冊にできる分量。 現在と過去がとりとめなく語られるので、物足りなく感じる人もいれば、うーん、さすが大物じゃと感じる人もいるのかも。 「いや、もしかするとすべては頭のなかで考えた、想像力の産物な…

音職人・行方洋一の仕事 伝説のエンジニアが語る日本ポップス録音史

音職人・行方洋一の仕事 伝説のエンジニアが語る日本ポップス録音史 作者: 行方洋一 出版社/メーカー: DU BOOKS 発売日: 2018/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 初録音 レコード会社として本当に駆け出しだった東芝音工は、自社スタジオを…

ザ・バンド 軌跡  ロニー・ホーキンスとの出会い

ザ・バンド 軌跡 作者: リヴォンヘルム,Levon Helm,Stephen Davis,菅野彰子 出版社/メーカー: 音楽之友社 発売日: 1998/12/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る サニー・ボーイ・ウィリアムスン (四〇年代のラジオから、ディナー・ベル…

マイケル・ムーア、語る。

マイケル・ムーア、語る。 作者: マイケル・ムーア,満園真木 出版社/メーカー: 辰巳出版 発売日: 2013/10/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る マイケル・ムーアの死刑 [殺害予告を受けるハメになったのは、オスカー授賞式でブッシュを非…

運命 文在寅自伝

運命 文在寅自伝 作者: 文在寅,矢野百合子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/10/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 盧武鉉(ノ・ムヒョン)との出会い 学生時代にデモを主導して逮捕された経歴があることはあった。で…

ゴッドファーザーの血 マリオ・ルチアーノ

ゴッドファーザーの血作者: マリオ・ルチアーノ出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2018/04/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 渡米、祖父 [マフィア取り締まりに]特に効果的だったのが、70年にニクソン政権が制定した組織犯罪対策…

まわり舞台の上で 荒木一郎 自身を語る

このタイトルと表紙だと、たぶん荒木一郎に興味がある人しか読まなそうなとこが勿体無い。接点のあった人達のエピソードも、荒木の語り口というか思考も面白いので、荒木一郎に興味がなくても読んで悔いのない内容。読んでいるうちに、荒木一郎の音楽を聴き…

書くことについて スティーヴン・キング

書くことについて (小学館文庫)作者: スティーヴンキング,Stephen King,田村義進出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/07/05メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (24件) を見る初投稿 一九五〇年代の末に、出版エージェントでありSF関連の資料の…

レイモン・サヴィニャック自伝

レイモン・サヴィニャック自伝: ビジュアル版作者: レイモンサブィニャック,ティエリドゥヴァンク,Raymond Savignac,Thierry Devynck,谷川かおる出版社/メーカー: 小学館発売日: 2018/02/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る自転車レースの…

絶滅危惧職、講談師を生きる 神田松之丞

絶滅危惧職、講談師を生きる作者: 神田松之丞,杉江松恋出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログを見る僕の好きな先生 松之丞が好きだった先生の一人に、森本平という人がいる。万葉学者の森本治吉を祖父に持つ歌人の…