広告

定本 和田誠 時間旅行

時間旅行インタビュー(1997年) 多摩美 デザイン誌「アイデア」 ライトパブリシティ入社 横尾忠則、篠山紀信 東京イラストレーターズ・クラブ 定本 和田誠 時間旅行 作者: 和田誠 出版社/メーカー: 玄光社 発売日: 2018/08/31 メディア: 単行本 この商品を…

まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?

看板の職人さんに、たずねてみた フォントって、こうやってつくってるんだ ドレスコード 著者が世界各国で収集した看板のカラー写真がメインなのですが、途中に挟まれた文章の面白いところを引用。 まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか? 作者…

ほぼ日の経営 糸井重里 「本当の平等」はない

「心」の問題、「LIFE」 弟子と社員の違い 会社組織図 「糸井先生」稼業を止めた訳 「おじさん成分」と「お父さん成分」 組織 ブレーキ 「いい方向」 風通しのよさ 糸井重里のイメージが80年代サブカルで止まってるので、あの糸井重里が「LIFE」がど…

操られる民主主義: デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか

「私がミスター・トランプになりきって書いていたのよ」 接戦の選挙 デジタル・テクノロジーが「独占」を生む 企業による世論操作 カリフォルニアン・イデオロギーの実態 ディストピア 操られる民主主義: デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊する…

レイモン・サヴィニャック自伝

自転車レースのすべてが好きだった エアブラシ 広告ポスターと芸術 ライバル カッサンドル 印刷所の衰退 剽窃 レイモン・サヴィニャック自伝: ビジュアル版 作者: レイモンサブィニャック,ティエリドゥヴァンク,Raymond Savignac,Thierry Devynck,谷川かおる…

ファンダム・レボリューション:SNS時代の新たな熱狂

解説:ファンとはいかなる存在か 若林恵 ウォーレン・バフェット ポラロイド 第8章 ファンダムが炎上するとき ファンダム・レボリューション:SNS時代の新たな熱狂作者:ゾーイ フラード=ブラナー,アーロン M・グレイザー発売日: 2017/12/06メディア: 単行本…

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

どうすればミルクシェイクがもっと売れるか 埋もれているジョブ 家を売る 紙おむつ ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション…

戦争と広告 日本の戦争広告を読み解く

爆弾は炸裂した瞬間しか爆弾ではない 文部省、開戦の正当性をおおいに語る 「やさしく手をとつて教へてくれる兵隊さん」 「米英色を一掃しよう」 明るい生活 戦争と広告 第二次大戦、日本の戦争広告を読み解く (角川選書)作者:森 正人発売日: 2016/02/24メデ…

帝国ニッポン標語集

国民精神総動員 防空 国産愛用 生活刷新 国策実践いろは歌留多 戦時国策スローガン全記録。 帝国ニッポン標語集―戦時国策スローガン・全記録作者:森川 方達メディア: 単行本 国民精神総動員 昭和8年 権利は捨てても 義務は捨てるな 明るい道を 明るく通れ 昭…

群集の智慧 ジェームズ・スロウィッキー

多様性の長所、狭隘な専門性 均質な集団の問題 情報カスケード 信頼の非人間性こそが資本主義の美点 集団極性化 うがっ、やり終えてから、前にやった本の改題だと気付いたw 引用ダブってるけど、ま、いいかw ネジ規格の話、そんなに好きなのか、ole。 king…

カシオトーンで殴りこみ1979 電子楽器産業論

カシオ、楽器産業に参入 特異な楽器流通市場、ローランドという「援軍」 ヤマハの締め上げ イージープレイ機能内蔵「401」発売 楽器産業構造分析の学位論文なので、シンセの面白話満載というわけではない。 順番を飛ばして、カシオが楽器界のガリバー・ヤマ…

原発広告 本間龍

「原子力PA方策の考え方」抜粋 2002年、東電トラブル隠し発覚 地球温暖化対策 まとめ 原発広告作者:本間 龍発売日: 2013/09/25メディア: 単行本(ソフトカバー) 「原子力PA方策の考え方」抜粋 チェルノブイリ事故で吹き飛んだ原発安全神話を回復させる…

著作権侵害厳罰化、CMの著作権

厳罰化の歴史 05年の改正 CMの著作権が主張された理由 公的アーカイブス まとめ 日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか 作者:山田 奨治 発売日: 2011/09/15 メディア: 単行本 厳罰化の歴史 著作権法違反の懲役刑は住居侵入や公然わいせつよりも重く、窃盗…

オープンリークス、はじめました

攻撃や検閲ではありませんでした スパムメール サイエントロジーで「カルト」を学ぶ 著作権保護を批判する者が著作権を主張する 「アーキテクト」 創設者はオレ 迫害という広告 本当に機密情報の処分権限が公衆に移行するのか ジュリアン・アサンジと袂を分…

印象派はいかに世界を征服したか

印象派はこうして世界を征服した作者: フィリップフック,Philip Hook,中山ゆかり出版社/メーカー: 白水社発売日: 2009/07/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 31回この商品を含むブログ (11件) を見る画商 印象主義を躍進させた最後の要素は、まさにこの…

宣伝謀略ビラ「犬死」

戦意喪失・降伏を狙った宣伝謀略ビラを集めた図録。味わいのあるイラスト多数。宣伝謀略ビラで読む、日中・太平洋戦争―空を舞う紙の爆弾「伝単」図録作者: 一ノ瀬俊也出版社/メーカー: 柏書房発売日: 2008/07メディア: 大型本購入: 3人 クリック: 29回この商…

コマソン・大瀧詠一・トリロー

大瀧詠一『サイダー'73』 タイアップ戦争 三木鶏郎、いずみたく、小林亜星 ミキサーは語る トリローのギャラ 大瀧詠一インタビュー みんなCM音楽を歌っていた―大森昭男ともうひとつのJ‐POP 作者: 田家秀樹 出版社/メーカー: スタジオジブリ 発売日: 2007/08/…

パノラマの世紀

そもそもパノラマ館とは。 ファンタスム/プロパガンダ 芸術産業 ピクチャレスク 立ち位置/機械的な再現 芸術界からの批判 モネの『睡蓮』 パノラマって映画誕生以前のヴァーチャル・リアリティ空間で国際的配給網を持ってたのかあ。 パノラマの世紀作者:ベル…

晶子とシャネル

題名でスルーしようとしているそこの、だんすぃー、これは要チェキですよ、ぎゅーん、。晶子の裏には、体制に風穴あけて雑誌創刊したけどマイナー文化、苦闘する鉄幹がいて、これがなかなか面白い。晶子とシャネル作者: 山田登世子出版社/メーカー: 勁草書房…