経済

民主主義の非西洋起源について デヴィッド・グレーバー

巻末の「【付録】惜しみなく与えよ――新しいモース派の台頭」だけ読んだ。 民主主義の非西洋起源について:「あいだ」の空間の民主主義 作者:デヴィッド・グレーバー 発売日: 2020/04/22 メディア: 単行本 マルセル・モースは一八七二年に、ヴォージュの正統…

日銀と政治 暗闘の20年史・その3

前回の続き。 日銀と政治 暗闘の20年史 作者: 鯨岡仁 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/10/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 候補者選び 「このなかに記したどなたになっても、うまくやってくれると思います」 [浜田は自著…

日銀と政治 暗闘の20年史・その2

前回の続き。 日銀と政治 暗闘の20年史 作者: 鯨岡仁 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/10/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 日銀法再改正のうごめき 財政緊縮と構造改革――。(略) 圧倒的な国民の支持を得た小泉純一郎首…

日銀と政治 暗闘の20年史 鯨岡仁

日銀と政治 暗闘の20年史 作者: 鯨岡仁 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/10/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 大蔵省不祥事から日銀法改正 [96年]与党PTがつくられたきっかけは、大蔵省不祥事であった。 [大蔵省解体へ…

ほぼ日の経営 糸井重里 「本当の平等」はない

糸井重里のイメージが80年代サブカルで止まってるので、あの糸井重里が「LIFE」がどーしたと「ユソマリ」的なこと言ってる、これはどれだけサブイ展開になるのか確認しようではないかと読み進めると、コピー職人から転身する際の気持ちなども語られて、…

デジタル資本主義

デジタル資本主義 作者: 森健,日戸浩之,此本臣吾 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/04/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 資本主義と民主主義 ヴォルフガング・シュトレークは、そもそも資本主義と民主主義は「強制結婚」…

グローバリゼーション・パラドクス・その3 トービン税

前回の続き。 グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道 作者: ダニロドリック,柴山桂太,大川良文 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/12/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (16件) を見る WTO体制 世界貿易機関(W…

グローバリゼーション・パラドクス・その2 金本位制

前回の続き。 グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道 作者: ダニロドリック,柴山桂太,大川良文 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/12/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (16件) を見る 十九世紀関税史の決定的な瞬…

グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道

三つの選択肢から、民主主義と国家主権をハイパーグローバリゼーションよりも優先する道を採るべきと著者。 グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道 作者: ダニロドリック,柴山桂太,大川良文 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 20…

マイケル・ムーア、語る。 その3

前回の続き。 マイケル・ムーア、語る。 作者: マイケル・ムーア,満園真木 出版社/メーカー: 辰巳出版 発売日: 2013/10/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る アメリカン・ドリーム殺戮計画 [行くあてもなく途方に暮れていたある日、ある…

グローバリゼーション・パラドクス・その4 資本主義3.0

前回の続き。 グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道 作者: ダニロドリック,柴山桂太,大川良文 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/12/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (16件) を見る アルゼンチンの悪夢 [91年、…

アフター・ヨーロッパ ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか

アフター・ヨーロッパ――ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか 作者: イワン・クラステフ,庄司克宏 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/08/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 人権と危機 難民危機は、欧州の政治における支配的な言説と…

金融失策 20年の真実 太田康夫

金融失策 20年の真実作者: 太田康夫出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2018/09/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る近代化の一環としての貯蓄 宵越しの金は持たぬ(略)多くの庶民は、今のように貯蓄はしなかった。そも…

はじめての経済思想史 アダム・スミスから現代まで

はじめての経済思想史 アダム・スミスから現代まで (講談社現代新書)作者: 中村隆之出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/06/21メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る アダム・スミス なぜそれほどに戦争をしたかというと(略) 強者であること、…

ダーウィン・エコノミー 自由、競争、公益

ダーウィン・エコノミー 自由、競争、公益作者: ロバート・H・フランク,若林茂樹出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2018/03/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る「見えざる手」とアメリカアカシカの枝角 いずれ…

暴力と富と資本主義 萱野稔人

暴力と富と資本主義 なぜ国家はグローバル化が進んでも消滅しないのか作者: 萱野稔人出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/03/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る民営化による<権利>の再定義 構造改革は国家の権力を縮小させ…

ポストキャピタリズム ポール・メイソン

ポストキャピタリズム作者: ポール・メイソン,佐々とも出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2017/09/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る『金融化』(financialization) この言葉は新自由主義ブロジェクトの核心を突いていて、理解を…

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション)作者: クレイトン M クリステンセン,タディホール,カレンディロン,デイビッド S ダ…

バブル:日本迷走の原点・その2 永野健二

前回の続き&前年からの続き。バブル:日本迷走の原点作者: 永野健二出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/11/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見るNTT株式公開の功罪 最大の功は、なんと言っても日本の株式市場が、時価総額で25兆円規模…

バブル:日本迷走の原点 永野健二

バブル:日本迷走の原点 作者: 永野健二 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/11/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (12件) を見る 日本興業銀行 日本興業銀行(興銀)がもっていた独特の存在感を知る人の数も、次第に少なくなっているかもしれない…

波乱万丈シュンペーター 資本主義、社会主義、民主主義

トーマス・K・マクロウによる冒頭序文の履歴が波乱万丈すぎ。日経BPクラシックス 資本主義、社会主義、民主主義 1作者: ヨーゼフ・シュンペーター,大野一出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2016/07/13メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る シ…

中央銀行が終わる日・その2

前回の続き。中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書)作者: 岩村充出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/03/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (5件) を見る産業化するマイニング ビットコインは「枯れた技術」の組…

中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来

中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書)作者: 岩村充出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/03/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (5件) を見る「良貨が悪貨を駆逐する」のか「悪貨が良貨を駆逐する」のか [サミット…

EU騒乱 ピケティの本国での扱い

EU騒乱: テロと右傾化の次に来るもの (新潮選書)作者: 広岡裕児出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/03/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見るピケティ『21世紀の資本』の本国での扱い [頁数とタイトルから]高度な専門書のように思われがち…

マルクス思想の核心、時間稼ぎの資本主義

マルクス思想の核心 21世紀の社会理論のために (NHKブックス)作者: 鈴木直出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2016/01/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る『資本論』刊行されるも反響は薄かった [書評も出ずエンゲルスに愚…

私たちはどこまで資本主義に従うのか

チラ見。私たちはどこまで資本主義に従うのか―――市場経済には「第3の柱」が必要である作者: ヘンリー・ミンツバーグ,池村千秋出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2015/12/11メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る法人を警…

検証 バブル失政・その4 コドモ橋本の失言

前回の続き。検証 バブル失政――エリートたちはなぜ誤ったのか作者: 軽部謙介出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/09/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 1988年11月、日銀内部で、ある決定がなされた。短期金融市場改革だ。(略) 金融…

検証 バブル失政・その3 消費税、ブラックマンデー

前回の続き。検証 バブル失政――エリートたちはなぜ誤ったのか作者: 軽部謙介出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/09/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見るグリーンスパンにかまされる 87年9月4日の朝、米国ではFRBの議長に就任したば…

検証 バブル失政 軽部謙介

検証 バブル失政――エリートたちはなぜ誤ったのか作者: 軽部謙介出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/09/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る「対日圧力」と「ワシントンの権力構造」 [FRB議長ボルカーは公定歩合引き下げ却下を提案した…

海賊と資本主義・その2

前回の続き。海賊と資本主義 国家の周縁から絶えず世界を刷新してきたものたち作者: ジャン=フィリップ・ベルニュ,ロドルフ・デュラン,谷口功一,永田千奈出版社/メーカー: CCCメディアハウス発売日: 2014/08/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含…