革命

謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」・その2

前回の続き。謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」作者: 加藤直樹出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/04/21メディア: 単行本この商品を含むブログを見る放浪時代の終わり 滔天の放浪時代の終わりは、思いがけぬかたちで訪れる。(略) [1904年秋、寄席…

謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」 加藤直樹

謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」作者: 加藤直樹出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/04/21メディア: 単行本この商品を含むブログを見る熊本民権党 滔天は自らを「謀反の児」「先天的自由民権家」と評したが、そうした反逆精神の原点にあるのが、こ…

海賊と資本主義・その2

前回の続き。海賊と資本主義 国家の周縁から絶えず世界を刷新してきたものたち作者: ジャン=フィリップ・ベルニュ,ロドルフ・デュラン,谷口功一,永田千奈出版社/メーカー: CCCメディアハウス発売日: 2014/08/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含…

「貧者を殴り倒そう」ボードレール語録

ボードレール語録 (岩波現代文庫)作者: 横張誠出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2013/04/17メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る「貧者を殴り倒そう」(『パリの憂愁』) それまでの二週間、私は部屋に閉じこもって、当時(十六年か十七年前)…

中東民衆革命の真実

中東民衆革命の真実 ―エジプト現地レポート (集英社新書)作者: 田原牧出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/07/15メディア: 新書購入: 3人 クリック: 23回この商品を含むブログ (5件) を見る旧世代の思い [48歳の古着商は]「あいつら(青年たち)は本当にエ…

自由なんかとりあげて、僕らの不和をおさめてくれ

なんか読む気しねえという人は、一番最後の獄中のルイ=ナポレオンへのプルードンの囁きだけでも。1848年―二月革命の精神史 (1979年) (叢書・ウニベルシタス)作者: ジャン・カスー,二月革命研究会出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 1979/07メディア: ?…

アメリカ独立は宗教的自由の熱情

アメリカ革命は政治的自由もあったが、宗教的自由への熱情がメインだった。国教会にデカイ面されたくない、好きな宗教やらせろ。印紙税のなにがムカツクかというと、税が自分達の宗派とは無関係の国教会に流れ込むこと。アメリカの政教分離―植民地時代から今…

夢の消費革命・その3

前日の続き。夢の消費革命―パリ万博と大衆消費の興隆作者: ロザリンド・H.ウィリアムズ,Rosalind H. Williams,吉田典子,田村真理出版社/メーカー: 工作舎発売日: 1996/03メディア: 単行本 クリック: 9回この商品を含むブログ (10件) を見るアンドレ・ジッドの…