哲学

ほぼ日の経営 糸井重里 「本当の平等」はない

糸井重里のイメージが80年代サブカルで止まってるので、あの糸井重里が「LIFE」がどーしたと「ユソマリ」的なこと言ってる、これはどれだけサブイ展開になるのか確認しようではないかと読み進めると、コピー職人から転身する際の気持ちなども語られて、…

分配的正義の歴史・その2 マルクスは道徳的な言葉を嫌った

しまった!前にも読んでたシリーズ。 同じ箇所を引用してるw 分配的正義の歴史 道徳的な言葉は非人間的 - 本と奇妙な煙 分配的正義の歴史 作者: サミュエルフライシャッカー,Samuel Fleischacker,中井大介 出版社/メーカー: 晃洋書房 発売日: 2017/04/01 メ…

情報爆発・その3  コピペ、抜粋

前回の続き。 情報爆発-初期近代ヨーロッパの情報管理術 (単行本) 作者: アン・ブレア,住本規子,廣田篤彦,正岡和恵 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/08/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 著述業は金にならず 初期近代の著…

情報爆発 初期近代ヨーロッパの情報管理術

情報爆発-初期近代ヨーロッパの情報管理術 (単行本) 作者: アン・ブレア,住本規子,廣田篤彦,正岡和恵 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/08/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 序論、文書管理の四つのS 今日ではたしかに、…

ベンサムのパノプティコン構想

フーコーの「パノプティコン」理解はちょっと違うという話。 『コミュニケーション――自由な情報空間とは何か』(自由への問い 第4巻)から。 コミュニケーション――自由な情報空間とは何か (自由への問い 第4巻) 作者: 北田暁大 出版社/メーカー: 岩波書店 発売…

公開性の根源—秘密政治の系譜学・その2

前回の続き。 公開性の根源?秘密政治の系譜学 作者: 大竹弘二 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2018/04/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 王の二つの身体、『エイコン・バシリケ』 政治神学は支配に正当性を付与するために、主権者…

公開性の根源—秘密政治の系譜学 大竹弘二

公開性の根源?秘密政治の系譜学 作者: 大竹弘二 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2018/04/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 主権の危機 問題は、現代の危機は単に民主主義や人民主義の危機なのではなく、主権の危機(略)近代の発…

タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源

タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源 作者: ピーター・ゴドフリー=スミス,夏目大 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2018/11/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 高コストなニューロンをなぜ使うのか 神経系があると何ができ…

熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論

熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論 作者: キャスサンスティーン,那須耕介 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2012/10/15 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (21件) を見る まず、巻末の編者解説から先に 意見や…

音楽の未来を作曲する 野村誠

音楽の未来を作曲する 作者: 野村誠 出版社/メーカー: 晶文社 発売日: 2015/10/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る バルトーク 小学三年生の頃に、ぼくはバルトークと出会ってしまった。二十世紀の前半に民俗音楽を収集し自身の作曲に応…

社会統合――自由の相互承認に向けて (自由への問い 第1巻)

社会統合――自由の相互承認に向けて (自由への問い 第1巻) 作者: 齋藤純一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/11/26 メディア: 単行本 購入: 8人 クリック: 64回 この商品を含むブログ (17件) を見る 社会統合の破綻で、市民社会から国家への移行 市民…

総特集=丸山眞男 現代思想2014年8月増刊号

現代思想 2014年8月臨時増刊号 総特集◎丸山眞男 -生誕一〇〇年- ( )作者: 丸山眞男,埴谷雄高,長谷川宏,最首悟,川本隆史,苅部直,杉田敦出版社/メーカー: 青土社発売日: 2014/07/22メディア: ムックこの商品を含むブログ (7件) を見る 【討議】丸山眞男を問い…

“解放”の果てに――個人の変容と近代の行方

“解放”の果てに―個人の変容と近代の行方作者: 水島茂樹出版社/メーカー: ナカニシヤ出版発売日: 2003/04メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る 「マルクスは神であり、フォードはその預言者である」 アレクサンドル・コジェーヴ…

コミュニティ グローバル化と社会理論の変容

コミュニティ グローバル化と社会理論の変容作者: ジェラード・デランティ,山之内靖,伊藤茂出版社/メーカー: NTT出版発売日: 2006/03/28メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 77回この商品を含むブログ (39件) を見る 第1章 ギリシア人にと…

何ものにも縛られないための政治学 栗原康

何ものにも縛られないための政治学 権力の脱構成作者: 栗原康出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/07/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る デヴィッド・グレーバー『負債論』 サーリンズの弟子、デヴィッド・グレーバーの『負債論』とい…

ダーウィン・エコノミー 自由、競争、公益

ダーウィン・エコノミー 自由、競争、公益作者: ロバート・H・フランク,若林茂樹出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2018/03/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る「見えざる手」とアメリカアカシカの枝角 いずれ…

政治哲学的考察―リベラルとソーシャルの間

政治哲学的考察――リベラルとソーシャルの間作者: 宇野重規出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/05/19メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るマルクスからトクヴィルへ トクヴィルは19世紀末において、「個人主義」という言葉を最初に使った思…

一四一七年、その一冊が・その2

前回の続き。一四一七年、その一冊がすべてを変えた作者: スティーヴングリーンブラット,Stephen Greenblatt,河野純治出版社/メーカー: 柏書房発売日: 2012/11/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 22回この商品を含むブログ (25件) を見るコッサ廃位、フ…

ラスタファリアニズム、柳田国男『先祖の話』をめぐって

宗教を語りなおす―近代的カテゴリーの再考作者: 磯前順一,タラルアサド,Talal Asad出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2006/07/25メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (4件) を見るジャマイカの宗教イデオロギーと社会運動 スチュアート・…

哲学のプラグマティズム的転回

哲学のプラグマティズム的転回作者: リチャード・J.バーンスタイン,廣瀬覚,佐藤駿出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/10/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見るプラグマティズム的多元主義と相対主義はちがう 不変のものは何も存在しないという…

正しい本の読み方 橋爪大三郎

正しい本の読み方 (講談社現代新書)作者: 橋爪大三郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/09/20メディア: 新書この商品を含むブログ (6件) を見る三つのポイント「構造」「意図」「背景」 さて、本を読むとは、著者の思想と付き合うことなんだけれども、三…

ニュースクール――20世紀アメリカのしなやかな反骨者たち

ニュースクール――20世紀アメリカのしなやかな反骨者たち作者: 紀平英作出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/08/26メディア: 単行本この商品を含むブログを見る「ニュースクール」創設 第一次大戦が休戦状態に入ったばかりで、銃火が随所で続いていた1919…

哲学においてマルクス主義者であること・その2

前回の続き。哲学においてマルクス主義者であること (革命のアルケオロジー 6)作者: ルイ・アルチュセール,市田良彦出版社/メーカー: 航思社発売日: 2016/07/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る平面秩序、丸い秩序、境界ならざる境界 ヒュ…

哲学においてマルクス主義者であること アルチュセール

哲学においてマルクス主義者であること (革命のアルケオロジー 6)作者: ルイ・アルチュセール,市田良彦出版社/メーカー: 航思社発売日: 2016/07/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る哲学者たちの集い カントは動揺していた。一座はざわめい…

なぜ科学を語ってすれ違うのか・その2

前回の続き。なぜ科学を語ってすれ違うのか――ソーカル事件を超えて作者: ジェームズ・ロバート・ブラウン,青木薫出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2010/11/20メディア: 単行本 クリック: 40回この商品を含むブログを見る「ハンチントン」たち マリオ・ブ…

なぜ科学を語ってすれ違うのか――ソーカル事件を超えて

なぜ科学を語ってすれ違うのか――ソーカル事件を超えて作者: ジェームズ・ロバート・ブラウン,青木薫出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2010/11/20メディア: 単行本 クリック: 40回この商品を含むブログを見るまず、訳者あとがきから ソーカル事件に対する…

資本主義後の世界のために D・グレーバー+矢部史郎

資本主義後の世界のために (新しいアナーキズムの視座)作者: デヴィッドグレーバー,高祖岩三郎出版社/メーカー: 以文社発売日: 2009/03/30メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 20回この商品を含むブログ (24件) を見るD・グレーバー+矢部史郎/対話 資本…

イタリア・ファシズムを生きた思想家たち

イタリア・ファシズムを生きた思想家たち――クローチェと批判的継承者作者: 倉科岳志出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/02/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る国民概念とファシズム ファシズムの発生は第一次世界大戦後だが、その思想…

無くならない アートとデザインの間 その2

前回の続き。無くならない: アートとデザインの間作者: 佐藤直樹出版社/メーカー: 晶文社発売日: 2017/04/26メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 小崎哲哉との対話 サヴァン症候群 小崎 で、三つ目の仮説はサヴァン症候群です。ナディアって少女の話…

無くならない アートとデザインの間 佐藤直樹

無くならない: アートとデザインの間作者: 佐藤直樹出版社/メーカー: 晶文社発売日: 2017/04/26メディア: 単行本この商品を含むブログを見る美学校 赤瀬川原平さんの活動などで知られた美学校という私塾でした。1986年、25歳のときです。美学校はアートもデ…