ロールズ

分配的正義の歴史・その2 マルクスは道徳的な言葉を嫌った

しまった!前にも読んでたシリーズ。 同じ箇所を引用してるw 分配的正義の歴史 道徳的な言葉は非人間的 - 本と奇妙な煙 分配的正義の歴史 作者: サミュエルフライシャッカー,Samuel Fleischacker,中井大介 出版社/メーカー: 晃洋書房 発売日: 2017/04/01 メ…

社会統合――自由の相互承認に向けて (自由への問い 第1巻)

社会統合――自由の相互承認に向けて (自由への問い 第1巻) 作者: 齋藤純一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/11/26 メディア: 単行本 購入: 8人 クリック: 64回 この商品を含むブログ (17件) を見る 社会統合の破綻で、市民社会から国家への移行 市民…

否定的なもののもとへの滞留 スラヴォイ・ジジェク

否定的なもののもとへの滞留 ちくま学芸文庫作者: スラヴォイ・ジジェク,酒井隆史,田崎英明出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2006/01/12メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 65回この商品を含むブログ (23件) を見る 『ブレードランナー』 私は本当に人間で…

自由論―現在性の系譜学 酒井隆史

2001年の本。自由論―現在性の系譜学作者: 酒井隆史出版社/メーカー: 青土社発売日: 2001/06/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 30回この商品を含むブログ (37件) を見る 誰が誰を観察するのか?誰のために?本当のところは? [まず『暗闇のスキャナー』…

政治的なものについて・その2 右翼ポピュリズム

前回の続き。政治的なものについて ラディカル・デモクラシー作者: シャンタルムフ,酒井隆史,篠原雅武出版社/メーカー: 明石書店発売日: 2008/08/12メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 25回この商品を含むブログ (19件) を見る 右翼ポピュリズム 右翼ポピ…

人権はナンセンスか否か『権力への懐疑』

チラ見メモ。権力への懐疑―憲法学のメタ理論 (現代憲法理論叢書)作者: 長谷部恭男出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 1991/05/01メディア: ハードカバー クリック: 2回この商品を含むブログ (1件) を見る人権は「おおげさなナンセンス」か否か? ベンサムは…

エコは宗教性をオープンにすべきだ

前回のつづき。じゅうぶん豊かで、貧しい社会:理念なき資本主義の末路 (単行本)作者: ロバートスキデルスキー,エドワードスキデルスキー,村井章子出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2014/09/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る環境保護運…

じゅうぶん豊かで、貧しい社会

じゅうぶん豊かで、貧しい社会:理念なき資本主義の末路 (単行本)作者: ロバートスキデルスキー,エドワードスキデルスキー,村井章子出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2014/09/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る「強欲」から「自己利益」…

社会契約論 重田園江

わかりやすいというのは 「マルブランシュなんて聞いたこともないかもしれない。スイーツのような名前だが、18世紀のフランス語圈ではずいぶん読まれたようだ。」 なんて書き方をすることじゃないと思うけどなあ。 そもそもわかりやすく説明するには、本人が…

民主主義のつくり方・その2

前回のつづき。民主主義のつくり方 (筑摩選書)作者: 宇野重規出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2013/10/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (22件) を見る依存への恐怖 [近代の政治思想において]何よりも重視されたのは、個人が他の個人に依存しない…

正義の秤 ナンシー・フレイザー

正義の秤(スケール): グローバル化する世界で政治空間を再想像すること (サピエンティア)作者: ナンシー・フレイザー,向山恭一出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2013/09/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る時間がないので訳者向山…

カール・シュミット入門講義・その3

前日のつづき。カール・シュミット入門講義作者: 仲正昌樹出版社/メーカー: 作品社発売日: 2013/03/02メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (14件) を見る自由主義 シュミットから見た「自由主義」は、「政治的なもの」それ自体を直視せず、…

ロールズのマルクス講義

ロールズ政治哲学史講義からマルクスに関するところをザクッと引用、意味不明の場合は現物にて。重たくなるのかと写真少なめ。つうかいらんか。 「賃金システムを廃止せよ」 「平等な権利とは、不平等な労働のための不平等な権利である」 ロールズ 政治哲学…

オバマを読む、ロールズ、ニーバー

オバマを読む――アメリカ政治思想の文脈作者: ジェイムズ・クロッペンバーグ,古矢旬,中野勝郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2012/02/25メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (4件) を見るロールズ、ニーバー 驚くべきことに、1942年に若き…

表現の自由―その公共性ともろさについて 毛利透

第二章まで(あと省略)。順番を変えてアレントから先に。表現の自由―その公共性ともろさについて作者: 毛利透出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2008/12/18メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 25回この商品を含むブログ (14件) を見る世界を変えようと喋…

ラカンはこう読め!

一休さんポクポク気分でチラ見。ラカンはこう読め!作者: スラヴォイ・ジジェク,鈴木晶出版社/メーカー: 紀伊國屋書店発売日: 2008/01/30メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 216回この商品を含むブログ (83件) を見る投函されなかった手紙の真の宛先は大文…

戦争と死は偉大なる平等推進者

ハゲしく飛ばし読み。社会契約論の系譜―ホッブズからロールズまで (叢書 フロネーシス)作者: ディヴィッドバウチャー,ポールケリー,David Boucher,Paul Kelly,飯島昇蔵,山岡龍一,金田耕一,佐藤正志,輪島達郎出版社/メーカー: ナカニシヤ出版発売日: 1997/05…

仲正昌樹「モテない男」論

前略 仲正先生、ご相談があります作者: 仲正昌樹出版社/メーカー: イプシロン出版企画発売日: 2006/12メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (8件) を見るダ・カーポでやってた時事相談、例えば憲法というお題で だから、「護憲で憲法を愛する…

民主主義の逆説

民主主義の逆説作者: シャンタルムフ,葛西弘隆出版社/メーカー: 以文社発売日: 2006/07/15メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 29回この商品を含むブログ (28件) を見るロールズ式だと多元主義はありえない つまりロールズは、合理的な人間とは自由主義の根…