自伝

ニール・ヤング自伝Ⅰ

曲づくりの方向を決めてくれた曲 スクワイアーズは マイナー・バーズ、リック・ジェームス サン・グリーン チャールズ・マンソン フェスティヴァル・シーティング 作曲 《今宵この夜》、ジョニ・ミッチェル グリーン・カード ジェリー・ガルシア 全二巻だけ…

音職人・行方洋一の仕事 伝説のエンジニアが語る日本ポップス録音史

初録音 ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」 坂本九「見上げてごらん夜の星を」 弘田三枝子「ビー・マイ・ベイビー」 爆音バンド、ブルージーンズ 尾藤イサオ「悲しき願い」 「音屋会」 不良社員 奥村チヨ 安西マリア「涙の太陽」と「行方式ジェットマシーン」 …

ザ・バンド 軌跡  ロニー・ホーキンスとの出会い

サニー・ボーイ・ウィリアムスン プレスリー フォーバス知事 ロニー・ホーキンスとの出会い モリス・リーヴァイ ボ・ディドリー ロビー・ロバートソン ザ・バンド 軌跡 作者:リヴォン ヘルム 発売日: 1998/12/10 メディア: 単行本 サニー・ボーイ・ウィリア…

マイケル・ムーア、語る。

マイケル・ムーアの死刑 脅迫から暴力へ 二年半表舞台から姿を消す ロバート・ケネディ マイケル・ムーア、語る。 作者: マイケル・ムーア,満園真木 出版社/メーカー: 辰巳出版 発売日: 2013/10/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る マイ…

運命 文在寅自伝

盧武鉉(ノ・ムヒョン)との出会い 盧武鉉の情熱と原則 盧武鉉、 初出馬ポスター 2002年大統領選 父と母 憲法 イラク派兵 「国家保安法廃止」 舌禍トラウマ 運命 文在寅自伝 作者: 文在寅,矢野百合子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/10/05 メディア…

ゴッドファーザーの血 マリオ・ルチアーノ

渡米、祖父 タイガー戸口 はじめてのおつかい 「ソーシャルクラブ」 ストリートファイト ファミリー崩壊 テロ組織のリクルート 総会屋 ゴッドファーザーの血作者:マリオ・ルチアーノ発売日: 2018/04/25メディア: 単行本(ソフトカバー) 渡米、祖父 [マフィ…

まわり舞台の上で 荒木一郎 自身を語る

女はみんなストリッパー 洋画が人生の基盤 「モダン・ジャズ」 六本木野獣会 カメラのカット割り 十朱幸代 『893愚連隊』 今井正の初テレビ映画降板理由 作曲 個人プロダクション 自分の曲は必ず「人」が対象 リズムのもたり 水の江滝子 別名義 このタイ…

書くことについて スティーヴン・キング

初投稿 〈デイヴのミニミ二通信〉 はじめてのベストセラー『恐怖の振り子』 取材記者 キャリー アル中&ヤク中 書くことについて (小学館文庫) 作者: スティーヴンキング,Stephen King,田村義進 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/07/05 メディア: ペー…

レイモン・サヴィニャック自伝

自転車レースのすべてが好きだった エアブラシ 広告ポスターと芸術 ライバル カッサンドル 印刷所の衰退 剽窃 レイモン・サヴィニャック自伝: ビジュアル版 作者: レイモンサブィニャック,ティエリドゥヴァンク,Raymond Savignac,Thierry Devynck,谷川かおる…

絶滅危惧職、講談師を生きる 神田松之丞

僕の好きな先生 立川談志 初めての講談 四年目の限界 談志の死 マクラ 絶滅危惧職、講談師を生きる (新潮文庫) 作者:松之丞, 神田,松恋, 杉江 発売日: 2019/10/27 メディア: 文庫 僕の好きな先生 松之丞が好きだった先生の一人に、森本平という人がいる。万…

バルタン星人を知っていますか? 飯島敏宏

アジる浅利慶太 悪筆石原慎太郎に抗議 ADブギ 淡路恵子 吹き替え放送 『月曜日の男』 円谷一監督『煙の王様』 滝沢英輔、松田定次、中川信夫 撮影所とテレビ局の違い 映画監督協会加入 オプティカル・プリンター ウルトラマン話だけではなく、副題に「テレ…

パティ・ボイド自伝・その2 ジョージがリンゴ嫁に…

ジョージ、リンゴ嫁に手を出す、クラプトンとギター対決 エリックとのツアー 「ワンダフル・トゥナイト」 ジョージとの別れを後悔 子供 酔って暴言吐いて追い出しておきながらこの手紙 後悔 エリックとジョージ 前回の続き。 パティ・ボイド自伝 ワンダフル…

パティ・ボイド自伝 クラプトンのヤバイ恋文

ジョージとの出会い ヘイト=アシュベリー 不機嫌なジョージ クラプトン登場 ラブレター 「いとしのレイラ」 衝撃の告白 バングラデシュ難民救済コンサート パティの生い立ちあたりは適当に読み飛ばして、いよいよジョージ登場となっても、それほど面白い話…

路地の子 上原善広

屠殺 骨粉工場 「人権が金になる」、更池と向野 同和利権 カワナン 路地の子作者:上原 善広発売日: 2017/06/16メディア: 単行本(ソフトカバー) 屠殺 牛が引きずり出されると同時に、為野はいつものように、何のためらいもなく勢いよくハンマーを眉間に叩き…

砂の果実 売野雅勇 80年代歌謡曲黄金時代

EPIC・ソニー 川上弘美 大瀧詠一 山下達郎 ナガトさん 井上大輔 富野由悠季、『機動戦士ガンダムIII』 「少女A」 「夏のクラクション」「涙のリクエスト」 矢沢永吉 坂本龍一「美貌の青空」 砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代疾走の日々 作者: 売野雅勇 出…

トニー・ヴィスコンティ自伝

渡英の理由 英国事情 キット・ランバート ブライアン・ジョーンズ ティラノザウルス・レックス デヴィッド・ボウイ ジョン・ピール メリー・ホプキン “スペイス・オディティ” ボランのエレクトリック化の要因 グラム・ロック誕生 マーク・ボランの人柄 悪徳…

ブルース・スプリングスティーン自伝・その4

『闇に吠える街』のジャケット おれは休んでいると、安らげない 『ザ・リバー』 自制心の鬼 ヒッツヴィル 車 『ネブラスカ』 『ボーン・イン・ザ・USA』 前回の続き。下巻に突入。 ボーン・トゥ・ラン 下: ブルース・スプリングスティーン自伝 作者: ブル…

ブルース・スプリングスティーン自伝

ラジオマン カトリック・スクール ダッチマン 親父 ザ・リバー おふくろ ドライブ ビートルズ ダンス、初めてのキス ビル・ドゲット「ホンキー・トンク」 「ワイプ・アウト」 ボーン・トゥ・ラン 上: ブルース・スプリングスティーン自伝 作者: ブルーススプ…

ポール・マッカートニー 告白

親たち 〈ペニー・レイン〉 父親の時代の曲 ジェリー・リー・ルイス、B面 謎のスプーンおばさん ジョンとヒッチハイクでパリ旅行 最初からずっと大人っぽかったリンゴ ビートルマニア メンバー同士のおちょくりについて ヌレエフ シェイ・スタジアム マリフ…

ヴィヴィアン・ウエストウッド自伝 パンクの女王

マルコム・マクラーレン フェティシズム ニューヨーク・ドールズ、リチャード・ヘル セックス・ピストルズ ニュー・ロマンティック VIVIENNE WESTWOOD ヴィヴィアン・ウエストウッド自伝 作者:ヴィヴィアン・ウエストウッド,イアン・ケリー 発売日: 2016/03/…

フランク・ザッパ自伝

『パル・レコーディング・スタジオ』 「猥褻図画作成共同謀議」 初期のLAフリーク・シーン ジョン・ウェイン サイモン&ガーファンクル シカゴの石膏型取屋 解散 フランク・ザッパ自伝 作者: フランク・ザッパ,ピ?ター・オチオグロッソ,茂木健 出版社/メー…

著作権ビジネスの変遷『ティン・パン・アレイの歴史』

『ティン・パン・アレイの歴史』(全64回) ソング・プラッガー ウィットマーク&サンズ シンギング・ストゥージ、ウォーターボーイ ソング・スライド ミリオンセラー ペイオラ旋風 レコードの登場 ASCAPの始まり BMIの誕生と台頭 衰退 ペイオラ、再…

参謀 森繁和 落合監督を支えた右腕

根本睦夫 星野、長嶋 6勤1休 落合のフォロー ドミニカ、マルちゃん 投手交代 退場 年俸 孤独な時間 貧打 谷繁 参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」 作者: 森繁和 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/04/06 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入:…

オンチは楽器がうまくなる 向谷実

「小指特訓スケール」 音を「つかむ」 アドリブの極意は「絶妙の一音」 オルガン メロディ 「リズムオンチ」対策 ハービー・メイスンに怒られた メンバーの「よい部分」を引き出す ミュージシャンになる 父 こういう「ゆるーい」タイトル&表紙にした方が購…

エンニオ・モリコーネ、自身を語る

絶対音楽 ポスト・ヴェーベルン 盗作 心残り ニーノ・ロータ クリント・イーストウッド 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』 レオーネの死 ジョン・カーペンター そうかー、現代音楽の人だったんだと思った箇所から先に。 エンニオ・モリコーネ…

バート・バカラック自伝・その4

キャロル・ベイヤー・セイガー 浮気、別れ話 競馬 前回のつづき。 バート・バカラック自伝 - ザ・ルック・オブ・ラヴ 作者:バート・バカラック,ロバート・グリーンフィールド 発売日: 2013/12/28 メディア: 単行本 キャロル・ベイヤー・セイガー はじめて彼…

バート・バカラック自伝3:決裂の真相

〈世界は愛を求めてる〉 憤るハル・デイヴィッド 曲作りの苦労 アルフィー 〈サン・ホセへの道〉 A&Mレコード 「雨にぬれても」 〈遥かなる影〉 ハルとの決裂 前回のつづき。 バート・バカラック自伝 - ザ・ルック・オブ・ラヴ 作者:バート・バカラック,…

バート・バカラック自伝 その2

〈ベイビー・イッツ・ユー〉 〈涙でさようなら〉 〈タルサからの24時間〉 『何かいいことないか子猫チャン』 前回のつづき。 バート・バカラック自伝 - ザ・ルック・オブ・ラヴ 作者:バート・バカラック,ロバート・グリーンフィールド 発売日: 2013/12/28 メ…

バート・バカラックとディートリッヒ

バーンスタイン ジャズと初体験 マッギル大学音楽院 ハル・デイヴィッド マレーネ・ディートリッヒ 冒頭、未熟児で生まれた子供へのいい話があり、感動しつつ読みすすめると、その子の悲惨な生涯や、バカラックのゆるーい下半身話が展開されるので、自伝作家…

鈴木敏夫インタビュー『風に吹かれて』

杉浦茂 全共闘 就職 高畑に認められた日 トップクラフト消滅 『火垂るの墓』完成せず 九州男児・原の土下座 『魔女の宅急便』 パラっと見たら中公なのにものすごく渋谷陽一テイスト、何者だ聞き手はと思ったら渋谷陽一だったw。 幼少時から学生時代のことも…