漱石

本当の翻訳の話をしよう 村上春樹 柴田元幸

帰れ、あの翻訳 二葉亭四迷との共通点 柴田元幸講義 日本翻訳史 明治篇 短篇が上手いのは 藤本訳ブローティガン 本当の翻訳の話をしよう 作者: 村上春樹,柴田元幸 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング 発売日: 2019/05/09 メディア: 単行本 この商品を…

再読:柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方

はじめに バーセルミの影響はあったか 文体を持たずに小説は書けるだろうか? 文学は「本当のこと」を言うとは限らない 小説家は種明かしをしてはいけない 村上春樹は日本語の中に英語を「入れた」 コードのこわさ、意味ありげに見えるこわさ 以前にやってる…

村上春樹と私 ジェイ・ルービン

夏目漱石『坑夫』を推す春樹 二人の翻訳者の違い 「どうせ小説というのはいい加減なものだ」と春樹 村上春樹と私 作者: ジェイルービン,Jay Rubin 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/11/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る …

内容見本にみる出版昭和史 紀田順一郎

『日本児童文庫』と『小学生全集』のデスマッチ 『現代大衆文学全集』 『漱石全集』 ゴミ扱いの古典 『鴎外全集』 『世界古典文学全集』全五十巻 『世界推理小説全集』 文壇人と推理小説 『岩波英和辞典』 内容見本にみる出版昭和史 (活字倶楽部)作者:紀田 …

橋本治 失われた〜その2 子規、漱石

正岡子規 北村透谷が《粋》を嫌う理由 夏目漱石 あとがき 前回の続き。 失われた近代を求めてIII 明治二十年代の作家達 (失われた近代を求めて 3) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2014/10/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1…

「反おもしろくない」でいけ、春樹批評 吉本隆明

村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』 漱石の形態論 高等遊民 つくられる無意識 反復 吉本隆明未収録講演集第二巻。94年の「物語について」という講演だけ、あまり聴いたことのない話が多かったので引用。 前半が、当時出たばかりの『ねじまき鳥〜』についての…

カネと文学

高速パラ読みカネと文学―日本近代文学の経済史 (新潮選書)作者: 山本芳明出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/03メディア: 単行本 クリック: 12回この商品を含むブログ (7件) を見る薄利 [明治23年雑誌「日本之少年」]もうけは三厘から五厘。百冊売って、よ…

吉本隆明 全対談集12

『吉本隆明 全対談集12』(青土社) 「吉本隆明の現在」芹沢俊介(1986年) 世界視線 吉本 「人間」という概念は、19世紀の発明品で、べつに永遠不変の概念でないというフーコーの考え方は考古学的だと思います。世界視線という考え方の出所は、むしろ像を上…

文豪たちの大喧嘩

谷沢的世界では、坪内逍遥>高山樗牛>森鴎外、となっております。さらにおまけの人物解説では、漱石>>>(超えられない文豪の壁)>>>鴎外、ってカンジ。あくまでも谷沢エーちゃん仕様ということなので、そこんとこヨロシク。 [あと本では「鷗」になっ…

新聞記者 夏目漱石

漱石が入社した頃の東京朝日の雰囲気 大学を辞めて気分爽快言いたい放題 人類館 吾輩の死亡記事が載ったのだ 教科書問題 朝日主催の講演会 新聞記者 夏目漱石 (平凡社新書)作者:牧村 健一郎発売日: 2005/06/01メディア: 新書 漱石が入社した頃の東京朝日の雰…