中東

「いいね! 」戦争 兵器化するソーシャルメディア

トランプ、ツイッターではじける ISISはネットワークをハックしたのではない ネット紛争が招く「現実」 マケドニアの「クリックベイト」セレブ 「ピザゲート」 「いいね! 」戦争 兵器化するソーシャルメディア 作者: P・W・シンガー,エマーソン・T・ブルッキ…

イスラームとの講和 内藤正典 中田考

ムスリムはどこへ行けばよいのか? なぜ難民はドイツを目指すか EUは難民を金で売った イスラームの押しの強さ 崩壊するサウジアラビア エルドアンがカリフに カタール 日本の「国家主義」の欺瞞 安易に使われている「地政学」 ハラール認証利権 ハラール…

本当の戦争の話をしよう・その2

停戦、軍事監視団 日米地位協定 武装解除のプロセス アフガン復興、「力の空白」 「美しい誤解」 9条 前回の続き。 本当の戦争の話をしよう: 世界の「対立」を仕切る作者:伊勢崎 賢治発売日: 2015/01/15メディア: 単行本(ソフトカバー) 停戦、軍事監視団 …

本当の戦争の話をしよう 伊勢崎賢治

平和は何のおかげか 束ねる作業 主権侵害 タリバン 男気 派兵して稼ぎたい国もある 福島の高校生に行った5日間20時間の授業を書籍化。 「僕も、日本をシャキッとさせなきゃと、発言している部類に入れられているのかもしれない」なんて発言も。 本当の戦争の…

IS(イスラム国)はアメリカがつくった

アメリカがイスラム国をつくった 空爆は滑稽の極み 恐怖政治に仕える司法 解説:高橋和夫 解説の高橋和夫は、ISから離脱し、対立関係にあるアルカーイダ系の組織に現在属しているという元幹部級メンバーの証言なので、中立性に欠けるが、それでも、興味深…

殺す理由 なぜアメリカ人は戦争を選ぶのか

アメリカvsメキシコ〔米墨戦争〕 アメリカvsドイツ ベトナム戦争 いかにフロリダを手に入れたか 「この狂った獣を殺せ」 徴兵制 殺す理由: なぜアメリカ人は戦争を選ぶのか作者:リチャード・E. ルーベンスタイン発売日: 2013/03/28メディア: 単行本 アメ…

イラク戦争は民主主義を〜 その2

イラクとトルコ イラクとクウェート、サウジアラビア イラクとシリア レンティア国家 前回のづづき。 イラク戦争は民主主義をもたらしたのか作者:トビー・ドッジ発売日: 2014/07/10メディア: 単行本 イラクとトルコ 隣国のなかでも、トルコほどイラクとの関…

イラク戦争は民主主義をもたらしたのか

暴力蔓延の理由 ヌーリー・マーリキーはいかに成り上がったか 脆弱国家の中心 イラク戦争は民主主義をもたらしたのか作者:トビー・ドッジ発売日: 2014/07/10メディア: 単行本 暴力蔓延の理由 35年に及ぶバアス党の独裁下では、全体主義的な支配の追求と並行…

報道されない中東の真実

アルジャジーラはカタールの下にあり報道の独立性はない レバノンのベシャラ・ライ総主教 アサド演説 マナフ・トゥラース准将の離反 カタール イラン レバノン、ヒズボラ トルコ イスラエル 国連 あとがき 一方的にアサドが悪いとされてるけど、周辺国の支援…

ポスト・イスラーム主義論

政治的イスラームの挫折とは、 宗教の大衆化 宗教実践の個人化 グローバル・テロリズム 原理主義の終焉か―ポスト・イスラーム主義論 (イスラームを知る) 作者:私市 正年 発売日: 2012/05/01 メディア: 単行本 政治的イスラームの挫折とは、 政治をすべてイス…

55人が語るイラク戦争

川端清隆、オマール師 仏外相ドビルパン 暗号名「カーブボール」 酒井啓子と孫崎享 ファルージャ 55人が語るイラク戦争――9・11後の世界を生きる作者:松本 一弥発売日: 2011/09/30メディア: 単行本 川端清隆、オマール師 [98年10月、国連特使のブラヒミや川端…

次のアルカイダ、ラシュカレ・トイバ

ラシュカレ・トイバ 実行犯と指揮官との通話記録 慈善団体として モンスター - 暗躍する次のアルカイダ作者:山田 敏弘発売日: 2012/03/23メディア: 単行本 ラシュカレ・トイバ ラシュカレ・トイバはもともとアフガニスタンでソ連軍に抵抗するムジャヒディン…

中東民衆革命の真実

中東民衆革命の真実 ―エジプト現地レポート (集英社新書)作者: 田原牧出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/07/15メディア: 新書購入: 3人 クリック: 23回この商品を含むブログ (5件) を見る旧世代の思い [48歳の古着商は]「あいつら(青年たち)は本当にエ…

イラン人は神の国イランをどう考えているか

イラン人15人の声を集めた本。イラン人は神の国イランをどう考えているか作者: レイラ・アーザムザンギャネー,Lila Azam Zanganeh,白須英子出版社/メーカー: 草思社発売日: 2007/02/22メディア: 単行本 クリック: 20回この商品を含むブログ (7件) を見るはじ…

ジハード・その2

前回のつづき。ジハード―イスラム主義の発展と衰退作者: ジルケペル,Gilles Kepel,丸岡高弘出版社/メーカー: 産業図書発売日: 2006/04/01メディア: 単行本 クリック: 15回この商品を含むブログ (8件) を見るアフガンで潤うパキスタン 1979年3月、アリー・ブ…

ジハード

ジハード―イスラム主義の発展と衰退作者: ジルケペル,Gilles Kepel,丸岡高弘出版社/メーカー: 産業図書発売日: 2006/04/01メディア: 単行本 クリック: 15回この商品を含むブログ (8件) を見る左翼からイスラムへ [ヨルダン政府とPLOの内戦・「黒い九月」事件…

アラブから見た湾岸戦争・その3

前回のつづき。アラブから見た湾岸戦争作者: モハメドヘイカル,Mohamed Heikal,和波雅子出版社/メーカー: 時事通信発売日: 1994/02メディア: 単行本 クリック: 9回この商品を含むブログ (3件) を見る撤退の条件 もしクウェート問題と中東紛争を同じ流れの中…

アラブから見た湾岸戦争・その2

サウジの不文律 カイロでのアラブ首脳会議 流れを変えたバグダット放送 国連 前回のつづき。 アラブから見た湾岸戦争 作者: モハメドヘイカル,Mohamed Heikal,和波雅子 出版社/メーカー: 時事通信 発売日: 1994/02 メディア: 単行本 クリック: 9回 この商品…

『悪魔の詩』死刑宣告の発端

暴力化するアジア系 アジア系の突き上げで死刑宣告 クウェート侵攻時のサッチャー 陰謀だと主張するカダフィ イラン・イラク戦争で在庫処分したエジプト なぜクウェートはイラクの苛立ちを無視して増産したか コーランが母国語じゃないアジア系が過激になっ…

倒壊する巨塔

倒壊する巨塔〈上〉―アルカイダと「9・11」への道作者: ローレンスライト,Lawrence Wright,平賀秀明出版社/メーカー: 白水社発売日: 2009/08/01メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 64回この商品を含むブログ (36件) を見るサダト暗殺に関与し収監されたザ…

そして戦争は終わらない・その2

要塞 愛国心 チャラビ 内戦 死刑宣告 前日の続き。 そして戦争は終わらない 〜「テロとの戦い」の現場から作者:デクスター フィルキンスメディア: 単行本 要塞 バグダッド支局は次第に要塞化していった。(略)厚さ30センチ高さ6メートルのコンクリートの防…

そして戦争は終わらない

そして戦争は終わらない 〜「テロとの戦い」の現場から作者: デクスターフィルキンス,有沢善樹出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2009/07メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 30回この商品を含むブログ (6件) を見る仇討ち [障害者&女性用区画も設…

サマワ篭り、ボッタクリ米軍再編

前日のつづき。「戦地」派遣―変わる自衛隊 (岩波新書)作者: 半田滋出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/02/20メディア: 新書 クリック: 4回この商品を含むブログ (13件) を見る1000人派遣は大げさになると首相官邸、結局600人に。安全確保優先で、肝心の…

湾岸トラウマの真相、焼太り防衛省

「戦地」派遣―変わる自衛隊 (岩波新書)作者: 半田滋出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/02/20メディア: 新書 クリック: 4回この商品を含むブログ (13件) を見る順番をとばしてアベちゃんの棒立ち会話から。 [2007年9月首相官邸] 空自幹部「多国籍軍には…

シオニズムとアラブ

修正主義シオニズムの鼻祖ジャボティンスキー 土着の欠如、羨望 文化的自治の概念 青年トルコ革命分析 ベギンの理想 シャロン自伝 「その地において」と「その地に対して」 シオニズムとアラブ ジャボティンスキーとイスラエル右派 一八八〇~二〇〇五年 (講…

なぜサダムは生き残れたか

灰の中から―サダム・フセインのイラク作者: アンドリューコバーン,パトリックコバーン,Andrew Cockburn,Patrick Cockburn,神尾賢二出版社/メーカー: 緑風出版発売日: 2008/05/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (2件) を見る19…

エルヴィス・イン・エルサレム・その2

前日のつづき。エルヴィス・イン・エルサレム―ポスト・シオニズムとイスラエルのアメリカ化作者: トムセゲフ,Tom Segev,脇浜義明出版社/メーカー: 柘植書房新社発売日: 2004/03メディア: 単行本 クリック: 7回この商品を含むブログ (2件) を見るイスラエル軍…

エルヴィス・イン・エルサレム

エルヴィス・イン・エルサレム―ポスト・シオニズムとイスラエルのアメリカ化作者: トムセゲフ,Tom Segev,脇浜義明出版社/メーカー: 柘植書房新社発売日: 2004/03メディア: 単行本 クリック: 7回この商品を含むブログ (2件) を見るイスラエルの神話 そもそも…

立花本、イランの歴史、ザ・ガルフ

「闇の奥」を最初に映画化しようとしたのは ペルシアの誇り あの「想い出のサマー・ブリーズ」が 1940年代を通じてイラン人の対米観は 「ザ・ガルフ」とは一般にメキシコ湾を指していた。 1976年のオマーン 1976年のイラン 解読「地獄の黙示録」作者:立花 隆…

イラン石油を求めて・その2

前日のつづき。日章丸事件―イラン石油を求めて (1981年) (昭和戦後史)作者: 読売新聞社出版社/メーカー: 冬樹社発売日: 1981/01メディア: ?この商品を含むブログを見る日章丸船長の淡々とした航海報告 そこで水先案内人を乗船せしめて河口に向かった。海図面…