サブカル

ビートルズはどこから来たのか・その2

前回の続き。ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史作者: 和久井光司出版社/メーカー: DU BOOKS発売日: 2017/12/08メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る「独立構想」とインド行 このインド行きには「独立構想を…

僕を作った66枚のレコード 松村雄策

個人的に耳タコ[←悪い意味ではない]な著者の定番ネタ(ビートルズ関連)を外して、目新しいとこを中心に引用しました。僕を作った66枚のレコード作者: 松村雄策出版社/メーカー: 小学館発売日: 2017/05/15メディア: 単行本この商品を含むブログを見る『妖女…

デヴィッド・ボウイ――気高きアーティストの軌跡

「気高きアーティストの軌跡」という副題の割に、著者の主な興味はセレブゴシップにあるようで、音楽本として読むと肩透かしを食います。そういう視点だからこそわかる、ボウイの交友関係というのもあるし、下記のような描写は音楽本では出てこないから、そ…

ラップは何を映しているのか 大和田俊之

ラップは何を映しているのか――「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで作者: 大和田俊之,磯部涼,吉田雅史出版社/メーカー: 毎日新聞出版発売日: 2017/03/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見るラップの非政治化 磯部涼 トランプの勝利…

文化系のためのヒップホップ入門 長谷川町蔵 大和田俊之

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)作者: 長谷川町蔵,大和田俊之出版社/メーカー: アルテスパブリッシング発売日: 2011/10/07メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 9人 クリック: 121回この商品を含むブログ (76件) を見る大和田俊之は…

アメリカン〜・その3 ゴダール、コッポラ

前回の続き。アメリカン・ニュー・シネマの息子たち―ルーカスからゴダールまで11人のインタヴュー集 (1982年)作者: ロッキングオン出版社/メーカー: ロッキング・オン社発売日: 1982/01メディア: ?この商品を含むブログ (1件) を見る勝手に逃げろ/人生 Blu-r…

アメリカン・ニュー・シネマの息子たち・その2

前回の続き。アメリカン・ニュー・シネマの息子たち―ルーカスからゴダールまで11人のインタヴュー集 (1982年)作者: ロッキングオン出版社/メーカー: ロッキング・オン社発売日: 1982/01メディア: ?この商品を含むブログ (1件) を見るマイケル・チミノ [「天…

アメリカン・ニュー・シネマの息子たち デビッド・リンチ

ルーカスからゴダールまで11人のインタヴュー集 (1982年)アメリカン・ニュー・シネマの息子たち―ルーカスからゴダールまで11人のインタヴュー集 (1982年)作者: ロッキングオン出版社/メーカー: ロッキング・オン社発売日: 1982/01メディア: ?この商品を含む…

XTCソング・ストーリーズ

XTCソング・ストーリーズ作者: ネヴィルファーマー,XTC,Neville Farmer,藤本成昌出版社/メーカー: 水声社発売日: 2000/05メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (4件) を見る 彼らは町の公営住宅に住む、割と貧しい家庭に生まれ、全くの世間知…

アレン・ギンズバーグ現代詩手帖総特集

総特集アレン・ギンズバーグ (現代詩手帖特集版)出版社/メーカー: 思潮社発売日: 1997/12メディア: 単行本 クリック: 8回この商品を含むブログ (1件) を見る討議:宮内勝典☓佐藤良明☓原成吉 佐藤 「文学」でくくれない何が起こったかということを一番ざっく…

圏外編集者 都築響一

こっちの本 ( 同様、置屋状態の大手出版社・既存メディアへの怒りが激烈。圏外編集者作者: 都築響一出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2015/12/05メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (32件) を見るはじめに [出版不況というが] 出版と…

出版アナザーサイド 藤脇邦夫

白夜書房から出ていたジャックス、大瀧、ザッパ他、マニアックな音楽本(kingfish.hatenablog.com kingfish.hatenablog.com)を手掛けていたのが著者。出版アナザーサイド作者: 藤脇邦夫出版社/メーカー: 本の雑誌社発売日: 2015/12/08メディア: 単行本(ソ…

新しい音楽とことば 石野卓球 高城晶平(cero)

新しい音楽とことば (SPACE SHOWER BOOKs)作者: 磯部涼出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク発売日: 2014/11/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る石野卓球(電気グルーヴ) PILとかホルガー・ヒラーとかの歌詞はダントツに面…

まんが学特講:手塚にペンタッチは無かった

『まんが学特講 目からウロコの戦後まんが史』 (講師:みなもと太郎 受講生:大塚英志) 表紙とパラっとめくった印象の十倍面白い内容。その他の「まんが学」よりずっと充実してるのに、なんか損してると思う。今、チラッと尼レビュを覗いたら「昔の漫画が…

やり残したこと 北野武

やり残したこと作者: 北野武出版社/メーカー: ロッキングオン発売日: 2015/04/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る『THE MANZAI』の審査員をやらない理由 [番組側は]ほんとは審査委員長やってほしいんだけど、俺はそういうの全部…

地平線の相談 細野晴臣 星野源

地平線の相談作者: 細野晴臣,星野源出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/03/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る『泰安洋行』パロディ表紙をめくると、各方面に受けそうなw二人の手つなぎ写真。いつまで残ってるかわからないけど、一応…

渋谷系 若杉実 マンハッタンレコード、カジヒデキ

渋谷系作者: 若杉実出版社/メーカー: シンコーミュージック発売日: 2014/09/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (7件) を見る平川雅夫(「マンハッタンレコード」創業者) [詳しい経歴はこのインタビュー記事に→KEYPERSON|渋谷文化プ…

ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化

ビーチ・ボーイズの話はまだあまり出ません。ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化 はるかな場所の一番近いところ (P‐Vine BOOKs)作者: ティモシー・ホワイト,宮治ひろみ出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク発売日: 2011/12/16メディア: 単行本 …

評伝 ナンシー関

第一章がなんかモワーンとした内容で、一瞬放棄しかけるも、第二章の身内証言によるブレイク前のナンシー話が興味深く、読了。 思うに、著者は笑いとかサブカルにあまり興味がなくて、なおかつ、ナンシー関にもそれ程思い入れがないのでは。ヒット商品「ナン…

ウディ・アレンの映画術・その2

前日のつづき。ウディ・アレンの映画術作者: エリックラックス,Eric Lax,井上一馬出版社/メーカー: 清流出版発売日: 2010/09メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 35回この商品を含むブログ (8件) を見る裏切り [リチャード・シッケルが]僕の映画の観客はあ…

ウディ・アレンの映画術

時間がない人は過去30作を総括している第八章から読むと良いかも。ウディ・アレンの映画術作者: エリックラックス,Eric Lax,井上一馬出版社/メーカー: 清流出版発売日: 2010/09メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 35回この商品を含むブログ (8件) を見る父…

マスタリング、曽我部恵一

音楽業界人インタビュー本。ジョニー・B・グッジョブ 音楽を仕事にする人々作者: 浜田淳出版社/メーカー: カンゼン発売日: 2010/06/26メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 7人 クリック: 203回この商品を含むブログ (8件) を見る中村宗一郎(ゆらゆら帝国…

週プロ崩壊序曲

週プロ全盛→崩壊過程、著者が関係していた全女&FMW系のウラ話が主だが、それ以外の人でも面白いと思う。 虚虚実実が入り乱れ、アングルなのかハプニングなのかわからなくなっていく様子がオモロ。 よくわからないのが、著者の下半身事情が記されること。な…

ダイナマイト・キッド自伝

やはり最高の好敵手と認めているのはタイガーマスク。 しょぼマスクへの失笑が感動に変わった伝説のデビュー戦で交わされた会話。PURE DYNAMITE―ダイナマイト・キッド自伝 (BLOODY FIGHTING BOOKS)作者: ダイナマイトキッド出版社/メーカー: エンターブレイ…

1976年の猪木とルスカ

完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)作者: 柳澤健出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/03/10メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 88回この商品を含むブログ (70件) を見る1976年のアントニオ猪木作者: 柳澤健出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/03…

70年代の早川義夫と松本隆

新譜ジャーナル・ベストセレクション’70s出版社/メーカー: 自由国民社発売日: 2003/08メディア: ムック クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) を見る早川義夫のかたわなる音楽論・第二回(1970)。 だいたいアマチュアであるなんていうのはおかしいので…