中国

謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」・その2

前回の続き。謀叛の児: 宮崎滔天の「世界革命」作者: 加藤直樹出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/04/21メディア: 単行本この商品を含むブログを見る放浪時代の終わり 滔天の放浪時代の終わりは、思いがけぬかたちで訪れる。(略) [1904年秋、寄席…

トウ小平 エズラ・F・ヴォーゲル/橋爪大三郎

文字化けするので「トウ」にしました。 エズラ・F・ヴォーゲル・インタビュー 聞き手=橋爪大三郎トウ小平 (講談社現代新書)作者: エズラ.F・ヴォーゲル,橋爪大三郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/11/19メディア: 新書この商品を含むブログ (6件) を見…

基地はなぜ沖縄に、中国の軍拡

チラ見二冊。基地はなぜ沖縄に集中しているのか作者: NHK取材班出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2011/09/22メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (16件) を見る烏帽子岩が遠くに見える [朝鮮戦争の頃は米軍基地…

保釣運動とは何か、杉原千畝

世界別冊816 新冷戦ではなく、共存共生の東アジアを作者: 岩波書店発売日: 2011メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る尖閣から南シナ海へ埋め込まれた冷戦の影」から引用。 [油田が発見されて領有権を主張しだしたと日本では理解されているが…

チベット問題、陶片追放

チラ見二冊万国公法の時代―洋務・変法運動 (新編 原典中国近代思想史 第2巻)作者: 村田雄二郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/04/28メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (1件) を見るチベット問題 [ロンドンの曾紀沢から李鴻章への18…

サメ脳・森喜朗の記憶力

アマゾンが「森善朗」と表記していた驚きで、ついこんなものを読んでしまった(嘘)。 「サメ脳」森が「30年前の会合のホテル名、政治家、官僚の役職・名前etc」を記憶していることに驚くアサヒ記者。90年代の証言 森喜朗 自民党と政権交代 (90年代の証言)作…