シェイクスピア

暴君――シェイクスピアの政治学

暴君――シェイクスピアの政治学 (岩波新書) 作者:スティーブン・グリーンブラット 発売日: 2020/09/19 メディア: 新書 なぜ国全体が暴君の手に落ちてしまうのか 一五九〇年代初頭に劇作をはじめてからそのキャリアを終えるまで、シェイクスピアは、どうにも納…

『リア王』の時代・その3

『アントニーとクレオパトラ』 デンマーク王訪英 エリザベス再埋葬 少年劇団の衰退 統合問題 クォート版とフォーリオ版 前回の続き。 『リア王』の時代:一六〇六年のシェイクスピア 作者: ジェイムズ・シャピロ,河合祥一郎 出版社/メーカー: 白水社 発売日: …

『リア王』の時代・その2

寵臣といちゃつくジェイムズ王 二枚舌、曖昧表現、心裡保留 悪魔憑き 地上の地獄 検閲 国教忌避者への圧力 前回の続き。 『リア王』の時代:一六〇六年のシェイクスピア 作者: ジェイムズ・シャピロ,河合祥一郎 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2018/01/31 …

『リア王』の時代:一六〇六年のシェイクスピア

新国王の仮面劇、二つの王国結婚、国会爆破計画 『レア王の真の年代記』 「王国分割」 『レア王』と『リア王』 国会爆破未遂事件 処刑 事件の影響 うーん、これは久々に面白かった。 爆破未遂事件がもたらした悪夢の世界、シェイクスピア演劇に与えた影響、 …

シェイクスピアの時代

シェイクスピアについて僕らが知りえたすべてのこと作者: ビルブライソン,Bill Bryson,小田島則子,小田島恒志出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2008/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (2件) を見るシャクスピアのサ…

シェイクスピアの驚異の成功物語・その2

前回のつづき。 息子の死、迫る父の死、プロテスタント公式見解において死者とつながることはできない、生者は死者を救えない、と言われてもそれでは気がすまぬと『ハムレット』を執筆。シェイクスピアの驚異の成功物語作者: スティーヴングリーンブラット,S…

シェイクスピアの驚異の成功物語

シェイクスピアの驚異の成功物語作者: スティーヴングリーンブラット,Stephen Greenblatt,河合祥一郎出版社/メーカー: 白水社発売日: 2006/09/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (8件) を見る少年時代に遭遇した女王の地方訪問…

視覚のアメリカン・ルネサンス

リチャード三世の身体とアメリカン・ルネサンス ポーと新たなサブライムの意匠(伊藤詔子) マーク・トウェインの旅行記と絵画 視覚のアメリカン・ルネサンス作者:脩二, 武藤,文子, 入子発売日: 2006/02/01メディア: 単行本 リチャード三世の身体とアメリカ…

ハイブラウ/ロウブラウ

大衆娯楽だったシェイクスピア シェイクスピアの神聖化にともない バンドとオーケストラの区別なし 大衆から離れてどうするか、 神聖化により、素人音楽は駄目なものとされる ハイブラウ/ロウブラウ―アメリカにおける文化ヒエラルキーの出現 作者:ローレンス…