やっぱ志ん生だな! ビートたけし

実際の下町 落語 落語を「画」と「カット」でとらえる 最高傑作はやはり古今亭志ん生 病後の志ん生 『芝浜』 「危うさ」 やっぱ志ん生だな! 作者: ビートたけし 出版社/メーカー: フィルムアート社 発売日: 2018/06/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) こ…

絶滅危惧職、講談師を生きる 神田松之丞

僕の好きな先生 立川談志 初めての講談 四年目の限界 談志の死 マクラ 絶滅危惧職、講談師を生きる (新潮文庫) 作者:松之丞, 神田,松恋, 杉江 発売日: 2019/10/27 メディア: 文庫 僕の好きな先生 松之丞が好きだった先生の一人に、森本平という人がいる。万…

やり残したこと 北野武

やり残したこと作者: 北野武出版社/メーカー: ロッキングオン発売日: 2015/04/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る『THE MANZAI』の審査員をやらない理由 [番組側は]ほんとは審査委員長やってほしいんだけど、俺はそういうの全部…

いつも心に立川談志 立川談四楼

前半が晩年の様子、後半が一門の近況報告。いつも心に立川談志作者: 立川談四楼,橘蓮二出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/07/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る晩年 歯の噛み合わせにも苦労してましたね。それから鼻の具合にも。これ…

評伝 ナンシー関

ビートたけし命 コピーライター 「ビックリハウス」への売り込み 92年「季刊SFアドベンチャー」 ムーンライダーズ 第一章がなんかモワーンとした内容で、一瞬放棄しかけるも、第二章の身内証言によるブレイク前のナンシー話が興味深く、読了。 思うに、著…

立川流騒動記、三遊協会

なぜ円生は脱退という強硬手段に出たのか 談志がなぜ離脱したか 談志と志ん朝 談志の稽古 馬風 立川流騒動記 作者: 立川談之助,ぶんがく社,唐沢俊一 出版社/メーカー: メディア・パル 発売日: 2012/06/29 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 116回 この商…

ブローティガン、談志

ボート 立川談志を悼む 志ん生伝説 前回の流れでブローティガンの初期未発表作、なんつうかタイトルがええね。 なにゆえに無名の詩人たちはいつになっても無名なのか ぼくは眺めていた 世界が苦もなく滑るように通りすぎてゆくのを ヘミングウェイ的世界から…

談志のことば 立川志らく

オモロな談春いじりはカットして、立川志らくの泣ける談志話を中心に。 談志の影響で懐メロファンになった著者 [2011年新年会「去年は病気でほとんど働いていないからお年玉はなしだ」と談志] 私が師匠の好きな歌をアトランダムに歌う。(略) 最後の新年会…

たけしの初恋、コッポラ娘とアバレンジャー

深見師匠 初恋 その男、凶暴につき アバレンジャー 北野武インタビュー本と『菊とポケモン』二冊。Kitano par Kitano 北野武による「たけし」作者:北野武,ミシェル・テマン発売日: 2010/07/07メディア: 単行本(ソフトカバー) 深見師匠 深見師匠が焼死した…

吉本興業の近代化、カウス、大崎洋

大崎洋 三つ巴 紳助 脅迫 大崎とカウス マサ追放 襲撃 中田カウスの1000日戦争 作者:西岡 研介 発売日: 2009/11/06 メディア: 単行本 ・林裕章のスキャンダル処理をしていた人物が事業に失敗、その代わりとなったのがカウス ・婿養子である林裕章はカウスに…

フランス座のビートたけし

タップを踏むたけし 家具屋店員時代 きよし登場 「リズムフレンド」 ブレイク一歩手前時代のたけし 著者はフランス座で三年一緒、後にたけしのエッセイの構成ライターに。 フランス座での暮らしや深見師匠の人となりが描かれてます。 幸せだったかな ビート…

談志絶唱 昭和の歌謡曲 立川談志

売れる前のキラー・カーンと 三波春夫ちょっといい話 三橋の老残に己の老いを重ねて語る なにせ「”歌謡グループ”だ何だとくると、家元はマヒナスターズまででもうダメ」という次元なので殆ど知らない歌の話ばかり、それでも家元の語り口ですいすい読めます。…

モンティ・パイソン正伝・その2

前日よりの続き。モンティ・パイソン正伝作者: グレアム・チャップマン,ジョン・クリーズ,テリー・ギリアム,エリック・アイドル,テリー・ジョーンズ,マイケル・ペイリン,ボブ・マッケイブ,須田泰成,奥山晶子,宮沢章夫出版社/メーカー: 白夜書房発売日: 2005/…

モンティ・パイソン正伝

モンティ・パイソン正伝作者: グレアム・チャップマン,ジョン・クリーズ,テリー・ギリアム,エリック・アイドル,テリー・ジョーンズ,マイケル・ペイリン,ボブ・マッケイブ,須田泰成,奥山晶子,宮沢章夫出版社/メーカー: 白夜書房発売日: 2005/10/14メディア: …

おしまいの噺

おしまいの噺作者: 美濃部美津子出版社/メーカー: アスペクト発売日: 2005/05/26メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (7件) を見る馬生の絵は近所でも評判 あの子が三つ、四つのころに、その道路にロウセキでチャップリンの絵を描いたことが…