貧民

憐れみと縛り首―ヨーロッパ史のなかの貧民

憐れみと縛り首―ヨーロッパ史のなかの貧民 作者: ブロニスワフゲレメク,Bronislaw Geremek,早坂真理 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 1993/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 脱落したエリート救済 「貧民」への非難 乞食の団体 「貧…

分配的正義の歴史 道徳的な言葉は非人間的

救貧法 貧者に対する態度の大変貌 アダム・スミス マルクス 出だしが地味なので、後半にはこんな話もあるよと。 「道徳的な言葉は非人間的である、とマルクスは考えたのである」 「道徳的規範が我々自身から遠く隔たっている場合、それは支配のための簡単な…

コミュニティデザインの源流 イギリス篇

ゴシック建築と組織マネジメント ラスキン経済学 産業革命と救貧政策 ロバート・オウエン ニューハーモニー コミュニティデザインの源流 イギリス篇作者:山崎 亮発売日: 2016/04/23メディア: 単行本(ソフトカバー) ゴシック建築と組織マネジメント ラスキ…

バーニー・サンダース自伝 ホワイトハウスのはぐれ者

はぐれ者から最有力候補へ 成功の秘訣 保守派との共闘 壊れているのは政治システムだ 人々と対話し、教育し、組織しろ 自伝本編 1997年の『アメリカ下院のはぐれ者』に「まえがき」と「解説」を足して、2015年に『ホワイトハウスのはぐれ者』として再刊され…

「貧者を殴り倒そう」ボードレール語録

「貧者を殴り倒そう」(『パリの憂愁』) [解説] 世界はやがて終わりだ(「火箭」15) ボードレール語録 (岩波現代文庫)発売日: 2013/04/17メディア: 文庫 「貧者を殴り倒そう」(『パリの憂愁』) それまでの二週間、私は部屋に閉じこもって、当時(十六年…

世界は貧困を食いものにしている

kingfish.hatenablog.com 上記本は、「そんなにバラ色じゃないよマイクロクレジット、貧困は解決されてないよ」という論調だったけど、この本の著者は、「解決されてないどころか、収奪されてますよ」と糾弾している。内部告発して二回解雇されてるせいか、…

善意で貧困はなくせるのか?

初めてマイクロクレジット 「ビフォー-アフター」分析 フィールドワークの現実 貧困の実態 善意で貧困はなくせるのか?―― 貧乏人の行動経済学 作者: ディーン・カーラン,ジェイコブ・アペル,澤田康幸(解説),清川幸美 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 201…

国民国家と市民

国民国家と市民―包摂と排除の諸相作者: 立石博高,篠原琢出版社/メーカー: 山川出版社発売日: 2009/06メディア: 単行本 クリック: 10回この商品を含むブログ (1件) を見る 第三章 「セルフメイドの国民性と市民/金井光太朗」 タウンミーティングは多数決で決…

古代から中世へ

富裕者による「自分の都市への愛」 教会は税免除の言い訳で貧者に施し 貧者を極貧に染め上げる手口 教会に丸投げ 「貧者」とは請願者 「貧者」の代弁者を自称 目覚めれば口中に天国の甘美さ あまり面白くなさそうなタイトルですが、免税の言い訳で貧者保護を…