現代音楽

ジョン・ケージ 作曲家の告白

ジョン・ケージ 作曲家の告白 作者:ジョン・ケージ 発売日: 2019/07/30 メディア: 単行本 「プリペアド・ピアノ」 シヴィラ・フォートが振り付けを担当したダンス用に作曲をしたときのことです。(略)打楽器の使用を指定したのですが、現実的な制約からピア…

人工知能が音楽を創る デイヴィッド・コープ

創造性の定義 新しい音楽とは ミニマリズム 数式と創造性の起源 本物の創造性 創造的でないプロセスもたらす感動 ランダム性が人の認識にもたらす混乱 創造性のモデル化 プログラムによる音楽が人間の創造性をサポートする ポピュラー音楽 人工知能が音楽を…

ジョン・ケージ伝 その3

デュシャン 六〇歳 「メソスティック」 チェス 自然食療法 石への情熱 ジャズとロック ケージは裕福になろうとしていた 前回の続き。 ジョン・ケージ伝―新たな挑戦の軌跡 作者: ケネスシルヴァーマン,Kenneth Silverman,柿沼敏江 出版社/メーカー: 論創社 発…

ジョン・ケージ伝 その2

アール・ブラウン 沈黙 ピエール・ブーレーズ 「キノコ」部門でクイズ番組出演 電子音楽に再注目 62年、訪日 前回の続き。 ジョン・ケージ伝―新たな挑戦の軌跡 作者: ケネスシルヴァーマン,Kenneth Silverman,柿沼敏江 出版社/メーカー: 論創社 発売日: 2015…

ジョン・ケージ伝―新たな挑戦の軌跡

シェーンベルク オスカー・フィッシンガー 打楽器だけのコンサート 同性愛と別居 サティ 鈴木大拙 ジョン・ケージ伝―新たな挑戦の軌跡 作者: ケネスシルヴァーマン,Kenneth Silverman,柿沼敏江 出版社/メーカー: 論創社 発売日: 2015/07/01 メディア: 単行本…

エレクトリック・ギター革命史・その3 フランケンストラト

マーシャル・アンプ ジミヘンvsピート・タウンゼント フェンダー エディ・ヴァン・ヘイレン、“フランケンストラト” ポール・リード・スミス 安物プラスティック・ギターの逆襲 ブラック・キーズのダン・オーバック(2014談話) グレン・ブランカ、ソニック・…

音楽の未来を作曲する 野村誠

小三でバルトークにやられる 「作品」と「演奏」 音楽サークルでの交流 「真似をしても似ない」 野外楽 ジャワ島での野外楽 世界は音楽に満ち溢れている 音楽の未来を作曲する 作者: 野村誠 出版社/メーカー: 晶文社 発売日: 2015/10/23 メディア: 単行本 こ…

響きの生態系・その2 ケージという鏡

フィリップ・グラス ケージという鏡 巻末ディスクガイド 前回の続き。 響きの生態系―ディープ・リスニングのために (Art edge)作者:藤枝 守発売日: 2000/03/01メディア: 単行本 フィリップ・グラス フィリップ・グラスは、ミニマル・ミュージックの作曲家と…

響きの生態系 ディープ・リスニングのために

音律の再考、純正調 ジョン・ケージ 「純正調」ハリー・パーチ ケージが拒否したグレン・ブランカ 「アメリカ・ガムランの父」ルー・ハリソン 響きの生態系―ディープ・リスニングのために (Art edge)作者:藤枝 守発売日: 2000/03/01メディア: 単行本 音律の…

音、音、音。 音聴く人々 坂本龍一、鈴木雅明

坂本龍一 「音響」 前衛音楽 未知のパラダイム 鈴木雅明 アル・シュミット 大賀壽郎「音と素材の関係」 出版社による内容 音、音、音。 音聴く人々作者:オーディオテクニカ発売日: 2012/05/28メディア: 単行本 坂本龍一 異化作用 ――(略)音楽を「聴いている…

音楽と美術のあいだ 大友良英

高柳昌行 「見えないものを見えるようにする」 対談:刀根康尚 大友良英のインタビューと対談。 音楽と美術のあいだ作者:大友良英発売日: 2017/03/24メディア: 単行本(ソフトカバー) 高柳昌行 ――同時代のフリージャズから考えても、高柳昌行さんのやられて…

フランク・ザッパ自伝・その2 オーケストラ批判

アートの世界で、最も重要なものは枠組みだ。 オーケストラのアホぶり ギター・スリム 憎むべき慣例 前回の続き。 フランク・ザッパ自伝 作者: フランク・ザッパ,ピ?ター・オチオグロッソ,茂木健 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2004/02/07 メディア…

エリック・サティの世界 ユリイカ 2016年1月臨時増刊号

ユリイカ 2016年1月臨時増刊号 総特集◎エリック・サティの世界作者: 小沼純一,坂本龍一,高橋アキ,谷川俊太郎,ヤマザキマリ出版社/メーカー: 青土社発売日: 2015/11/27メディア: ムックこの商品を含むブログ (1件) を見る 宙吊りの状態のままに――サティの謎と…

ジョン・ケージ 白石美雪

信仰 デュシャン、ポロック キノコはガチw 《四分三十三秒》 チラ読み。 ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー作者:白石美雪発売日: 2009/10/01メディア: 単行本 信仰 ケージの宗教的感性は曽祖父も祖父もメソジスト派の牧師だったという家系に源をたどる…

バート・バカラックとディートリッヒ

バーンスタイン ジャズと初体験 マッギル大学音楽院 ハル・デイヴィッド マレーネ・ディートリッヒ 冒頭、未熟児で生まれた子供へのいい話があり、感動しつつ読みすすめると、その子の悲惨な生涯や、バカラックのゆるーい下半身話が展開されるので、自伝作家…

日本の電子音楽

第二章のインタビューのところだけ。 本の後半は電子音楽年代記と主要ディスク紹介になってます。 日本の電子音楽作者: 川崎弘二,大谷能生出版社/メーカー: 愛育社発売日: 2006/07/01メディア: 単行本 クリック: 26回この商品を含むブログ (17件) を見る 湯…

音を投げる―作曲思想の射程 近藤譲

ジャズはお好き?と問われた現代音楽家 即興演奏の無名性 金目鯛の彫刻w 音を投げる―作曲思想の射程作者:近藤 譲発売日: 2006/06/01メディア: 単行本 ジャズはお好き?と問われた現代音楽家 現代音楽家二人に前衛ジャズから現代音楽を聴くようになった女性…

クラシック音楽の政治学

クラシック音楽の政治学作者: 渡辺裕,増田聡出版社/メーカー: 青弓社発売日: 2005/04メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (9件) を見る「クラシック音楽」だけ「純粋」でいられるか ハワイアンなどというシロモノは、観光客なしには、そのジ…

ブライアン・イーノの日記

「パルプ・フィクション」批判の一部 ノイズについて バンドエイドには批判的なイーノではあるが イーノ、思い出し怒りの巻 デュシャン ありえない未来(1992年初出) 1995年のブライアン・イーノの日記 A year作者:ブライアン・イーノメディア: 単行本 「パ…