マーク・トウェイン

アメリカ小説を読んでみよう・その3

現代アメリカ文学の冒険 佐伯彰一・丸谷才一 ナボコフの投書と本の話とナボコフィアンのこと ウラジミール・ナボコフ三題 前回の続き。 アメリカ小説を読んでみよう (植草甚一スクラップ・ブック)作者:植草 甚一発売日: 2005/04/01メディア: 単行本 現代アメ…

作家はどうやって小説を書くのか ヴォネガット、アップダイク

ドロシー・パーカー ロスト・ジェネレーション フォースター ハリウッド アーネスト・ヘミングウェイ ジョン・アップダイク ドナルド・バーセルミ カート・ヴォネガット ドレスデン爆撃 「アイスナイン」 ――創作は教えられると、ほんとうに思いますか? 第二…

再現、ビスマルク、トウェイン、キプリング

インタビュアーのバイアスがかかった描写とはいえ、歴史上の人物が鮮やかに再現されて不思議な気持に。と言いつつ人物描写部分は割愛して面白トークを主に。 ビスマルク、立憲議会政治を語る マーク・トウェイン、著作権を語る トウェイン、自伝とは キプリ…

旅行記作家マーク・トウェイン

講演で食いつなぐ ラフカディオ・ハーン グラント将軍回想記バカ売れ。 謎のファンクラブ 南ア滞在 ミシシッピで暮らしたのは18歳までと、75年の人生からみると短い期間。あとは漂泊の人生。旅行記作家マーク・トウェイン―知られざる旅と投機の日々作者:飯塚…

視覚のアメリカン・ルネサンス

あまりにも禿しく飛ばし読み。 視覚のアメリカン・ルネサンス作者: 武藤脩二,入子文子出版社/メーカー: 世界思想社発売日: 2006/02メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (6件) を見る リチャード三世の身体とアメリカン・ルネサンス(常山菜…