Bill Evans

ゲイリー・バートン自伝 その3 僕はゲイ

前回の続き。 ゲイリー・バートン自伝 作者:ゲイリー・バートン 発売日: 2017/06/05 メディア: 単行本 《コラム》レッド・ノーヴォ “ヴァイブの父”と言えばライオネル・ハンプトンの名前が即座に浮かぶが(略)ヴィブラフォンが発明される以前の二〇年代にシ…

ヒップの極意 ドナルド・フェイゲン・その2

ヴィレッジ・ヴァンガード ジャズDJ レイ・チャールズ 悪魔とアイク・ターナー 69年の卒業生 前回の続き。 ヒップの極意 EMINENT HIPSTERS 作者: ドナルド・フェイゲン,奥田祐士 出版社/メーカー: DU BOOKS 発売日: 2014/06/20 メディア: 単行本(ソフトカバ…

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィー・その2

ジョージ・シアリングの絶賛の反動 フリージャズへの見解 『トリオ65』 バド・パウエル フリージャズ フェンダー・ローズ コロムビアへ移籍 ジョージ・ラッセル スタン・ゲッツ 前回の続き。 ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィー 作者: キース…

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィー

エヴァンス以前のジャズ・ピアノ バド・パウエル デイヴ・ブルーベック アーマッド・ジャマル オリジナリティと影響について マイルス お蔵入り ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィー 作者: キース・シャドウィック,湯浅恵子 出版社/メーカー: …

愛しのジャズメン2 小川隆夫

ケニー・ギャレット テオ・マセロ ビル・エヴァンス ベニー・カーター ミロスラフ・ヴィトゥス 愛しのジャズメン〈2〉 作者: 小川隆夫 出版社/メーカー: 東京キララ社 発売日: 2007/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る [オーディオブッ…

JAZZ TALK JAZZ 小川隆夫・その2

モード・ジャズの真の主役は誰? 《ファンキー・ジャズとは何ですか?》 ジャズ・ロック 渡欧したジャズマン 新主流派ってそもそもスタイル? フュージョンへの道程 前回の続き。 JAZZ TALK JAZZ作者:小川 隆夫発売日: 2006/04/21メディア: 単行本 モード・…

セロニアス・モンク: モダン・ジャズの高僧

「ああ、これは志ん生だな」って思った 古今亭志ん朝 山下洋輔、モンクを語る 対談・モンクの現在 後藤雅洋 加藤総夫 セロニアス・モンク: モダン・ジャズの高僧 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)発売日: 2017/11/15メディア: ムック 「ああ、これは志ん生だな」っ…

ジャズ楽屋噺 小川隆夫

マイルスとウイントン カーティス・フラーとコルトレーン クリスチャン・マクブライド クリフォード・ブラウン ジョー・ザビヌル ハービー・ハンコック 行方均 ビル・ラズウェル ホレス・シルヴァー マーク・ヴァン・ローン ルー・ドナルドソン ジャズ楽屋噺…

植草甚一ジャズエッセイ 2 ・その2

オーネット・コールマンは、ジャズのヌーヴェル・ヴァーグなのだ ビル・エヴァンス研究で、とてもいいのが「ジャズ・マガジン」に出た エリック・ドルフィー 解説 岩浪洋三 前回の続き。 植草甚一ジャズエッセイ 2 (河出文庫 724B) 作者: 植草甚一 出版社/メ…

カインド・オブ・ブルーの真実・その2

30丁目スタジオ 安堵したジミー・コブ 《ブルー・イン・グリーン》クレジット問題 エコー・ルーム 《ソー・ホワット》 すべてが、ただ“ポン”とはじけたんだ 『スケッチズ・オブ・スペイン』 1972年、キャノンボールのフリージャズへの見解 オーネット・コー…

カインド・オブ・ブルーの真実

観客に背を向けるマナーが尊大だと一部から非難 モード宣言 ビル・エヴァンス 『1958マイルス』 今回引用したのは最初に翻訳された方から。 カインド・オブ・ブルーの真実 作者: カーンアシュリー,中山康樹,中山啓子 出版社/メーカー: プロデュースセンター…

マイルスの夏、1969

アラン・ダグラス クインシー・ジョーンズ ザヴィヌル 69年ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル 幻のベティ・デイヴィス・デビュー・アルバム 正しい『ビッチェズ・ブリュー』が消滅 前半結構ジミヘン話多し。 マイルスの夏、1969 (扶桑社新書) 作者: 中…

デヴィッド・フォスター自伝・その2

チャック・ベリーとボ・ディドリー セッション・プレイヤーに ボズ・スキャッグス 前日のつづき。 ヒットマン デイヴィッド・フォスター自伝 (P‐Vine BOOKs)作者:デヴィッド・フォスター発売日: 2009/11/02メディア: 単行本 チャック・ベリーとボ・ディドリ…

ダウン・ビート・アンソロジー・その2

モンク夫婦漫才。 ローランド・カークが若手に喝 チック・コリア。 リー・モーガン リズムが僕の強み(ディジー・ガレスピー) バディ・リッチのドラム講座 前日のつづき。JAZZ LEGENDS―ダウン・ビート・アンソロジー作者:フランク・アルカイヤー,田村 亜紀発…

ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄

ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄作者: 中山康樹出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2005/03/19メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (12件) を見る『ヴィレッジ・ヴァンガード』のギャラ 1950年代後期から60年代初頭にかけての…