Beach Boys

キャロル・キング自伝 その2

ブリティッシュ・インヴェイジョン 「ナチュラル・ウーマン」 アロノウィッツとミドル・クラス 夫のLSD中毒 ブライアン・ウィルソン 西へ ローレル・キャニオン トニ・スターンの歌詞 前回の続き。 キャロル・キング自伝 ナチュラル・ウーマン 作者:キャ…

ブライアン・ウイルソン自叙伝・その4

被害妄想 崩壊 コカイン 売却 「やあ、ブライアン・ウイルソンだ」 セカンド・アルバム 前回の続き。 ブライアン・ウイルソン自叙伝―ビーチボーイズ光と影 作者: ブライアンウイルソン,トッドゴールド,Brian Wilson,Todd Gold,中山康樹,中山啓子 出版社/メー…

ブライアン・ウイルソン自叙伝・その3

結婚 マリファナ ツアーには出ない LSD 素敵じゃないか? 前回の続き。 ブライアン・ウイルソン自叙伝―ビーチボーイズ光と影 作者: ブライアンウイルソン,トッドゴールド,Brian Wilson,Todd Gold,中山康樹,中山啓子 出版社/メーカー: 径書房 発売日: 1993…

ブライアン・ウイルソン自叙伝・その2

ローベル姉妹 フィル・スペクター 〈ビー・マイ・ベイビー〉 フィル・スペクターのクリスマス ファイナル・バージョンのサウンドが鳴っていた 前回の続き。 ブライアン・ウイルソン自叙伝―ビーチボーイズ光と影 作者: ブライアンウイルソン,トッドゴールド,B…

ブライアン・ウイルソン自叙伝 ビーチボーイズ光と影

僕がクビだって? もう曲が書けない 父の暴力 父の曲が流れた日 僕の作曲法 オリジナル曲 〈サーファー・ガール〉 父との対立 ブライアン・ウイルソン自叙伝―ビーチボーイズ光と影 作者: ブライアンウイルソン,トッドゴールド,Brian Wilson,Todd Gold,中山康…

フィル・スペクター 甦る伝説 その4 大瀧詠一

ロニー・スペクター ホール・オブ・フェイム セリーヌ・ディオン 「ホール・オブ・フェイム」でポールと鉢合わせ 日本版特別解説対談 朝妻一郎☓大瀧詠一 前回の続き。 フィル・スペクター 甦る伝説 増補改訂版 作者: マークリボウスキー,大瀧詠一,奥田祐士 …

ビートルズはどこから来たのか・その2

「独立構想」とインド行 『ジョン・ウェズリー・ハーディング』の影響 ドノヴァンが教えたフィンガー・ピッキング ビッグ・ピンク 多重録音と“スタジオ・ライヴ” ザ・ホークス エルヴィス復活プロジェクトが参考にしたフィル・スペクター 『ワイルド・ライフ…

ブライアン・ウィルソン スマイル・その3

のちの、スリー・ドッグ・ナイト 〈サーフズ・アップ〉 移籍 ダム・エンジェル・ガゼット 『スマイル』再構築 前回の続き。 スマイル作者:ドミニク プライア発売日: 2006/06/01メディア: 単行本 のちの、スリー・ドッグ・ナイト [ダニー・ハットンらのグルー…

ブライアン・ウィルソン スマイル・その2

トラブル 天才 ミキシング 崩壊 猜疑 〈英雄と悪漢〉 前回の続き。 スマイル作者:ドミニク プライア発売日: 2006/06/01メディア: 単行本 トラブル [クレジットを削った]マーリー・ウィルソンの責任を追及し、作曲者クレジット(と現金)を要求すべきだったマ…

ブライアン・ウィルソン スマイル ドミニク・プライア

モダンなサウンド 「サーフィンUSA」 サヴァイヴァーズ 音楽ではなくメッセージ トニー・アッシャーとテリー・ギリアム 進歩したR&B ダニー・ハットン デレク・テイラー スタジオのモザイク スマイル作者:ドミニク プライア発売日: 2006/06/01メディア: …

パイドパイパー・デイズ 私的音楽回想録 長門芳郎

“ちぇるしぃ” 山下達郎、シュガー・ベイブ 「DOWN TOWN」 ティン・パン・アレー、坂本龍一 結婚式 小林旭 ドクター・ジョン PIED PIPER DAYS パイドパイパー・デイズ 私的音楽回想録1972-1989作者:長門 芳郎発売日: 2016/07/15メディア: 単行本(ソフトカバ…

ブライアン・ウィルソン 消えた『スマイル』を探し求めた40年

本当に素晴らしい音楽 いかにして『スマイル』は失われたか 家族兄弟 『ワイルド・ハニー』 95年、ブライアン・ウィルソンとの会話 ブライアン・ウィルソン&ザ・ビーチ・ボーイズ 消えた『スマイル』を探し求めた40年作者:ポール・ウィリアムズ発売日: 2016/…

ロック変動時代 1971~1977『ミュージックライフ』

ポール・マッカートニー単独会見 ウィンター兄弟、その狂気の生きざま! 音の魔術師イーノに聞く 大外し、中村とうよう 『ミュージックライフ』記事をまとめた本。 ロック変動時代 1971~1977―怒涛のように押し寄せたロックの新しい波メディア: 単行本 ポール…

レッキング・クルーのいい仕事・その3

キャロル・ケイ一代記 ジム・ゴードンの悲劇 「ビート・ゴーズ・オン」 モンキーズ 前回の続き。 レッキング・クルーのいい仕事 (P-Vine Books)作者:ケント・ハートマン発売日: 2012/11/16メディア: 単行本 キャロル・ケイ一代記 キャロル・スミス。父はトロ…

レッキング・クルーのいい仕事・その2

ビリー・ストレンジとブライアン・ウィルソン 『ペット・サウンズ』 「明日に架ける橋」 「俺にリズムを合わせろ」 終焉 「エコーはどうした?」とスペクター 前回の続き。 レッキング・クルーのいい仕事 (P-Vine Books)作者:ケント・ハートマン発売日: 2012…

メイキング・オブ・サージェント・ペパー ジョージ・マーティン

〈ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァ〉 デモ、オーディションの回顧 英国におけるブルース、チャック・ベリーのブルース 大音量をレコード盤に刻みたい ブギ・ウギ ビーチボーイズ 以下《ペパー》=「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラ…

ビーチ・ボーイズ・中山康樹監修[KAWADE夢ムック]

鈴木慶一の「スマイル時代」狂気話 フィル・スペクター ペット・サウンズ比較検証 オリジナル盤 ウィルソン家は挫折まみれ アル・ジャーディン ビーチ・ボーイズ―永遠の夏永遠のサーフィンU.S.A (KAWADE夢ムック)メディア: ムック 鈴木慶一の「スマイル時代…

ビーチ・ボーイズ・その5 家族の死

《僕を信じて》 トニー・アッシャー “神のみぞ知る” 《ペット・サウンズ》 レニー・ワロンカーとランディ・ニューマン 心が壊れてしまった人間 1976年ブライアン・インタビュー 1977年デニス・インタビュー 1985年ブライアン・インタビュー 前回のつづき。 …

ビーチ・ボーイズとカリフォルニア・その4

スケートボード 父、酔って乱入 マリーの営業力 新しいリーダー ドラッグ、バーズ 前回の続き。 ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化 はるかな場所の一番近いところ (P‐Vine BOOKs) 作者: ティモシー・ホワイト,宮治ひろみ 出版社/メーカー: スペースシャ…

ビーチ・ボーイズ・その3 ブライアン崩壊

ゲイリー・アッシャー、〈409〉 アッシャーとマリーの対立 ハニーズ 離婚したてのマイク・ラヴが ブライアン離脱 トップ・ピンストライパー、エド・ロス ビートルズ、マリー解雇 ブライアン崩壊 前回のつづき。 ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化 は…

ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化・その2

デニスとカール 母方の祖父カール わんぱくデニスとして ブライアンの宅録 失意のマイク・ラヴ サーフィンの歴史 ディック・デイル 61年ステレオ・マスターズに売り込み ゲイリー・アッシャー みにくいアヒルの子 前回のつづき。 ビーチ・ボーイズとカリフォ…

ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化

ロサンゼルスという町 ブルース・ジョンストン、「The Nearest Faraway Place」 祖父バディ・ウィルソン オーキーズ ダストボウル、地震 祖父・バディと父・マリー ブライアンの耳の障害 ラヴ家 ビーチ・ボーイズの話はまだあまり出ません。 ビーチ・ボーイ…

細野晴臣インタビュー2:大瀧詠一の死

海の音楽、山の音楽 歌謡曲 マンソンとビーチボーイズ 時計がまたうごきはじめた 宮崎駿さんには 大瀧詠一の死 前回のつづき。 細野晴臣『とまっていた時計がまたうごきはじめた』その2。 細野晴臣 とまっていた時計がまたうごきはじめた 作者: 細野晴臣,鈴…

ブライアン・ウィルソン、ニルソン(のジョン・レノン話)編

「グッド・ヴァイブレーション」の ●あなたがいなくなっても曲は残ると思いますか? ヴァン・ダイク・パークス(89年&96年) 作詞 ハリー・ニルソン(88年) ビートルズ、ジョン・レノン レナード・コーエン(92年) スザンヌ・ヴェガ(92年) 前回の続き。…

ロックの歴史・その2 中山康樹

ヤードバーズ マディ・ウォーターズ 無名の黒人ギタリスト、ジミー・ジェイムズ 《ヘイ・ジョー》 『サージェント・ペパーズ』 『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』(68年) 旧世代クラプトン ワイト島 レオン・ラッセル 著作権ビジネス・ロック産業 …

キース・リチャーズ自伝

イアン・スチュワート キースのギター講座 チャーリーのドラム ビー・マイ・ベイビー イメージ戦略 チビで“モンキー”とあだ名され、週五日いじっめ子の待ち伏せに怯え、ボコられた小学時代。聖歌隊に選ばれ数々の賞を獲得するも、13歳の変声期でお払い箱に、…

頭脳警察、蘇る封印歌謡

頭脳警察 三億円犯人ジャケの真実 克美しげる ビーチ・ボーイズとスキヤキ 黛ジュンとひばり 蘇る封印歌謡(CD付) 作者: 石橋春海 出版社/メーカー: 三才ブックス 発売日: 2007/12/01 メディア: 単行本 クリック: 20回 この商品を含むブログ (5件) を見る 頭…

ビートルズとアメリカ・ロック史

前日のつづき。ビートルズとアメリカ・ロック史―フォーク・ロックの時代作者: 中山康樹出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/10/22メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 68回この商品を含むブログ (5件) を見るジム・ディクソンはデモを大物プロモータ…

ビートルズがカバーした曲

ビートルズがカバーした曲のデータやオリジナル・アーティストについての解説の他に逸話。ビートルズ カバーソングの聴き方―What are The Beatles made of?作者: 恩藏茂出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/10メディア: 単行本 クリック: 15回この商…

サエキが語る「はっぴい/シュガー」

はじめてのGIMPでGIFアニメ ルパンルパンと激しく唱えるべし。 もっとゆっくりした間隔に設定したのだが何故か無効。 ↑割といい感じの色合いになったのだが、サイズ小さくしたら伝わらず残念。さよなら!セブンティーズ作者: サエキけんぞう出版社/メーカー: …