憲法

日銀と政治 暗闘の20年史 鯨岡仁

日銀と政治 暗闘の20年史 作者: 鯨岡仁 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/10/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 大蔵省不祥事から日銀法改正 [96年]与党PTがつくられたきっかけは、大蔵省不祥事であった。 [大蔵省解体へ…

人々の声が響き合うとき 熟議空間と民主主義

前半をチラ見。 人々の声が響き合うとき : 熟議空間と民主主義 作者: ジェイムズ・S.フィシュキン,曽根泰教,James S. Fishkin,岩木貴子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2011/04/21 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 54回 この商品を含むブログ (20…

公開性の根源—秘密政治の系譜学 大竹弘二

公開性の根源?秘密政治の系譜学 作者: 大竹弘二 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2018/04/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 主権の危機 問題は、現代の危機は単に民主主義や人民主義の危機なのではなく、主権の危機(略)近代の発…

公共性――自由が/自由を可能にする秩序 (自由への問い 第3巻)

公共性――自由が/自由を可能にする秩序 (自由への問い 第3巻) 作者: 阪口正二郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/01/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 3人 クリック: 48回 この商品を含むブログ (9件) を見る 自由「濫用」の許容性について…

熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論

熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論 作者: キャスサンスティーン,那須耕介 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2012/10/15 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (21件) を見る まず、巻末の編者解説から先に 意見や…

運命 文在寅自伝

運命 文在寅自伝 作者: 文在寅,矢野百合子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/10/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 盧武鉉(ノ・ムヒョン)との出会い 学生時代にデモを主導して逮捕された経歴があることはあった。で…

民主主義の死に方・その2

前回の続き。 民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道作者: スティーブン・レビツキー,ダニエル・ジブラット,池上彰,濱野大道出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/09/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る独裁者が制度を破壊する…

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道作者: スティーブン・レビツキー,ダニエル・ジブラット,池上彰,濱野大道出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/09/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る見えにくい民主主義の崩壊 多くの場合…

総特集=丸山眞男 現代思想2014年8月増刊号

現代思想 2014年8月臨時増刊号 総特集◎丸山眞男 -生誕一〇〇年- ( )作者: 丸山眞男,埴谷雄高,長谷川宏,最首悟,川本隆史,苅部直,杉田敦出版社/メーカー: 青土社発売日: 2014/07/22メディア: ムックこの商品を含むブログ (7件) を見る 【討議】丸山眞男を問い…

精神の革命――急進的啓蒙と近代民主主義の知的起源

精神の革命――急進的啓蒙と近代民主主義の知的起源作者: ジョナサン・イスラエル,森村敏己出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2017/07/11メディア: 単行本この商品を含むブログを見る独立革命の最大の汚点 アメリカにおける急進主義の要求事項のなかで、奴隷…

デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義

デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義 (集英社新書)作者: 福田直子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2018/05/17メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る黒幕ロバート・マーサ トランプ政権誕生(略)の陰には、ある「黒幕」がちらついて…

自由論―現在性の系譜学 酒井隆史

2001年の本。自由論―現在性の系譜学作者: 酒井隆史出版社/メーカー: 青土社発売日: 2001/06/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 30回この商品を含むブログ (37件) を見る 誰が誰を観察するのか?誰のために?本当のところは? [まず『暗闇のスキャナー』…

魂の労働―ネオリベラリズムの権力論

2003年の本。魂の労働―ネオリベラリズムの権力論作者: 渋谷望出版社/メーカー: 青土社発売日: 2003/10/01メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 88回この商品を含むブログ (94件) を見る 内務省型統治の復活 日本において「護送船団方式」の解体は、「大きな…

吉本隆明質疑応答集〈3〉人間・農業

吉本隆明質疑応答集〈3〉人間・農業作者: 吉本隆明,宮下和夫出版社/メーカー: 論創社発売日: 2018/02/07メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 国家をほんとうに開く [1991年講演後の質疑応答。89年のベストセラー、石原慎太郎・盛田昭夫『NOと言え…

啓蒙 ドリンダ・ウートラム

啓蒙 (叢書・ウニベルシタス)作者: ドリンダ・ウートラム,田中秀夫,逸見修二,吉岡亮出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2017/12/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る カントが公的と呼ぶ領域 カントは、理性の使用ができるだけ進めら…

政治哲学的考察―リベラルとソーシャルの間

政治哲学的考察――リベラルとソーシャルの間作者: 宇野重規出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/05/19メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るマルクスからトクヴィルへ トクヴィルは19世紀末において、「個人主義」という言葉を最初に使った思…

抑止力としての憲法・その3 フーコー

前回の続き。抑止力としての憲法――再び立憲主義について作者: 樋口陽一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/12/15メディア: 単行本この商品を含むブログを見るフーコーと新自由主義 フーコーと言えば〈国家ぎらい〉の典型であり、理性と法に対する異議申…

抑止力としての憲法・その2 樋口陽一

前回の続き。抑止力としての憲法――再び立憲主義について作者: 樋口陽一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/12/15メディア: 単行本この商品を含むブログを見る「立憲」という言葉 ここで「立憲主義」は最広義で、すなわち「いかなる権力も制限されていな…

抑止力としての憲法 シュミット、ホッブズ、カピタン

抑止力としての憲法――再び立憲主義について作者: 樋口陽一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/12/15メディア: 単行本この商品を含むブログを見るシュミットとホッブズ シュミットは1938年に『トマス・ホッブズの国家論におけるレヴィアタン』を公刊して…

啓蒙の民主制理論・その2

前回の続き。啓蒙の民主制理論―カントとのつながりで (叢書・ウニベルシタス)作者: インゲボルクマウス,Ingeborg Maus,浜田義文,牧野英二出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 1999/12メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る 5…

啓蒙の民主制理論―カントとのつながりで

10年前にも読んでた→(米憲法は17世紀英国式 - 本と奇妙な煙) 啓蒙の民主制理論―カントとのつながりで (叢書・ウニベルシタス)作者: インゲボルクマウス,Ingeborg Maus,浜田義文,牧野英二出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 1999/12メディア: 単行本 …

ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判

ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判 (ちくま新書 1267)作者: 篠田英朗出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2017/07/05メディア: 新書この商品を含むブログ (7件) を見る 保守合同「行くバカ(池田)に残るバカ(佐藤)」 保守合同の背景には、保守系政党政治…

ふたつの憲法〜・その2 日本主義者の護憲

前回の続き。ふたつの憲法と日本人: 戦前・戦後の憲法観 (歴史文化ライブラリー)作者: 川口暁弘出版社/メーカー: 吉川弘文館発売日: 2017/07/18メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 日本主義者の護憲 不磨ノ大典をもちいて政党政治を攻撃したのは日…

ふたつの憲法と日本人 明治の護憲論

8割強が戦前の話なのに何故こういうタイトルにしたのだろう。 『明治憲法の破綻』とかだと商業的すぎるのか。ふたつの憲法と日本人: 戦前・戦後の憲法観 (歴史文化ライブラリー)作者: 川口暁弘出版社/メーカー: 吉川弘文館発売日: 2017/07/18メディア: 単行…

憲法パトリオティズム 過去の断罪と解消

憲法パトリオティズム (叢書・ウニベルシタス)作者: ヤン=ヴェルナーミュラー,斎藤一久,田畑真一,小池洋平,安原陽平,根田恵多,菅沼博子出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2017/09/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見るまず「監訳者あとがき」…

ポピュリズムとは何か ヤン=ヴェルナー・ミュラー

ポピュリズムとは何か作者: ヤン=ヴェルナー・ミュラー,板橋拓己出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/04/19メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る 序章 この言葉はたいてい「反エスタブリッシュメント」の同義語として用いられ(略) 何より…

日本の近代とは何であったか・その2 三谷太一郎

kingfish.hatenablog.comの追加。日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)作者: 三谷太一郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/03/23メディア: 新書この商品を含むブログ (14件) を見る 複数政党制の成立と発展は、世界的に見ても決して一…

集団的自衛権の深層 松竹伸幸

新書696集団的自衛権の深層 (平凡社新書)作者: 松竹伸幸出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2013/09/13メディア: 新書この商品を含むブログ (6件) を見る 国連の活動と集団的自衛権は異なる 集団的自衛権とは、国連として何らかの軍事的措置をとるという合意が…

日本の近代とは何であったか 教育勅語成立過程

第4章の「教育勅語」成立過程が面白かったので順番を飛ばして先に。日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)作者: 三谷太一郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/03/23メディア: 新書この商品を含むブログ (14件) を見る 「神」の不在で天…

徹底検証 日本の右傾化 創価学会

徹底検証 日本の右傾化 (筑摩選書)作者: 塚田穂高出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2017/03/14メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (9件) を見る 第18章 創価学会・公明党の自民党「内棲」化 藤田庄市 2014年の総選挙小選挙区の半数で学…