特撮

バルタン星人を知っていますか? その2

『ウルトラQ』 不退転 「赤チン弁当」 実相寺昭雄 金城哲夫 科学特捜隊設定変遷 円谷英二の熱弁 サコミズからハヤタに ウルトラマン造形 炎上現場 スペシウム光線のポーズ バルタン星人 ガッツ星人 合理化で出向 円谷一急死 製作中止 前回の続き。 バルタン…

バルタン星人を知っていますか? 飯島敏宏

アジる浅利慶太 悪筆石原慎太郎に抗議 ADブギ 淡路恵子 吹き替え放送 『月曜日の男』 円谷一監督『煙の王様』 滝沢英輔、松田定次、中川信夫 撮影所とテレビ局の違い 映画監督協会加入 オプティカル・プリンター ウルトラマン話だけではなく、副題に「テレ…

ウルトラマンが泣いている

TBSの自負 TBSから干された理由 合理化で廃止された企画文芸部 株買い戻しで硬化した東宝 玩具メーカーに主導権 ブースカCMの悲哀 古手役員クーデター 社内政治家w 突然消え去るブーム 成田亨 円谷英二 父 著者の父・円谷一(英二の長男)急死後、…

「仮面ライダー」プロデューサー自伝

大人のリアリズムはいらない 水木しげる「悪魔くん」 仮面の忍者赤影 仮面ライダー ライダーちょっといい話 東映TV特撮プロデューサー平山亨自伝。 泣き虫プロデューサーの遺言状~TVヒーローと歩んだ50年~作者:平山 亨発売日: 2012/11/28メディア: コミック …

ウルトラマンになった男

成田亨 金城哲夫 目の穴 隊員になりたくて 胸騒ぎの腰つき 最強怪獣・中島春雄 死ぬかと思った やさしいウルトラマン とりあえず、一番ほのぼのした会話から。 「ウルトラマンって、何?どう演技プランを立てればいいの?」 「僕もあまりよくわからないけど…

1977年の実相寺昭雄

「まぶしかったですか? 部長」 初ドラマ 佐々木功 ウルトラマン ウルトラセブン 「怪奇大作戦」 「シルバー仮面」 前日の流れで実相寺昭雄の1977年の本。プロフィール欄の尊敬する人物は野村克也。本文には入社面接で尊敬する人は鶴岡一人と答えたとある。…

同期生・実相寺昭雄

実相寺昭雄 酒乱トラウマ 裏技で自作保存 「怪奇大作戦こそ、私の花の時」と実相寺。 『百万円Xクイズ』担当の苦労 『ひとりっ子』事件 1959年「ラジオ東京テレビ」(のちのTBS)に入社した著者が当時の現場状況や実相寺ら同期生について書いている。 テ…

宇宙猿人ゴリ対手塚治虫

読者が求めるのは著者しか知らない手塚の姿であって、取材に基づく史実などではないわけで、そこらへんのバランスがなんとも歯痒い、などとエラソーな感想を頭から書くのは、弟・鷺巣政安の7ページ程のあとがきが実にバランスの取れた簡明な文章で、兄のネ…

円谷一・その2

証言:上原正三 ウルトラQが始動。 証言:実相寺昭雄。ウルトラマン 証言:有川貞昌 証言:上原正三。金城帰郷。 68年春 証言:上原正三。遂に『帰ってきた〜』始動 証言:有川貞昌 前日の続き。こういう本なので短く引用するのが難しいというか、途中でこ…

円谷一―ウルトラQと“テレビ映画”の時代

英二、公職追放 証言:冬木透 『こんなに愛して』金城哲夫 証言:大山勝美 証言:円谷粲 テレビvs映画 新東宝の崩壊がテレビ界に与えた影響 親子対談 証言:大山勝美。 円谷一―ウルトラQと“テレビ映画”の時代 作者:白石 雅彦 メディア: 単行本 英二、公職追放…

封印作品の謎・2

キャンディ・キャンディ裁判 竹熊健太郎が語る、原作者の弱い立場 サンダーマスクの場合 ひろみプロダクション設立の経緯 安易な第二弾ではありません。「差別・言葉狩り」ネタだった前作に代わって、今度は「著作権問題」を扱っています。そこらへん目の付…

封印作品の謎

前回の続きがまだまとまらないので、こっちを先に。封印作品の謎作者: 安藤健二出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2004/09/01メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 244回この商品を含むブログ (130件) を見る例のセブンの欠番12話について。 ケロイド型宇…