マクルーハン

哲学者マクルーハン その2

ソクラテスこそ詭弁家か 『ノヴム・オルガヌム』 ヴィーコ『新しい学』 レトリック復権の企て 南伸坊による竹村健一分析 現代のソフィスト 前回の続き。 哲学者マクルーハン 知の抗争史としてのメディア論 (講談社選書メチエ) 作者:中澤 豊 出版社/メーカー:…

哲学者マクルーハン 知の抗争史としてのメディア論

竹村健一のマクルーハン理解 I・A・リチャーズの影響 『探求』 、エドマンド・カーペンター ドラッカーとの交流 カトリックへの改宗と隠喩 写本は「聴触覚メディア」 プラトンが攻撃するロ誦の伝統 哲学者マクルーハン 知の抗争史としてのメディア論 (講談社…

メディアはマッサージである マーシャル・マクルーハン

『観念の冒険』 あなたの仕事 メディアはマッサージである “座る人たちを座らせるための密室” 新しい環境 情報戦争 新装版解説 門林岳史 新装版 メディアはマッサージである 作者: マーシャル・マクルーハン,クエンティン・フィオーレ,南博 出版社/メーカー:…

ザ・バンド 軌跡 その2 ディランからの電話

ロイ・ブキャナン ガース・ハドソン 独立 トロント ブルース サニー・ボーイ・ウィリアムスン ボブ・ディラン 前回の続き。 ザ・バンド 軌跡 作者: リヴォンヘルム,Levon Helm,Stephen Davis,菅野彰子 出版社/メーカー: 音楽之友社 発売日: 1998/12/10 メデ…

ジョン・ケージ 白石美雪

信仰 デュシャン、ポロック キノコはガチw 《四分三十三秒》 チラ読み。 ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー作者:白石美雪発売日: 2009/10/01メディア: 単行本 信仰 ケージの宗教的感性は曽祖父も祖父もメソジスト派の牧師だったという家系に源をたどる…

サイバービア・その2

前日のつづき。サイバービア 〜電脳郊外が“あなた”を変える作者: ジェイムスハーキン,吉田晋治出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2009/07メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 35回この商品を含むブログ (18件) を見る素人ポルノ [あるポルノ雑誌編…

情報ループから飛び出せ

サイバービア 〜電脳郊外が“あなた”を変える作者: ジェイムスハーキン,吉田晋治出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2009/07メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 35回この商品を含むブログ (18件) を見るいきなり、あとがきから抜粋 情報ループでメッ…

バブル期にこそ春樹ギャツビー/坪内祐三

ヴェトナム戦争小説『ノー・ビーグルズ、ノー・ドラムズ』 あえて「YOU」を誤訳した春樹 バブル期にこそ春樹ギャツビーだったのに ハゲしく飛ばし読み。 アメリカ 村上春樹と江藤淳作者:坪内 祐三発売日: 2007/12/07メディア: ハードカバー 春樹『ギャツビー…

警句上手マクルーハン

キャッチコピーがうまかったからウケたのかなあマクルーハン。本文は読まずに、エピグラムだけを。エッセンシャル・マクルーハン―メディア論の古典を読む作者: エリックマクルーハン,フランクジングローン,Eric McLuhan,Frank Zingrone,有馬哲夫出版社/メー…

グレン・グールド発言集

グレン・グールド発言集作者: グレン・グールド,ジョン・P.L.ロバーツ,宮澤淳一出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2005/09/10メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 22回この商品を含むブログ (11件) を見る若人へのアドバイス 「お互いの演奏を聴くのをや…

メディア・ビオトープ

メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする作者: 水越伸出版社/メーカー: 紀伊國屋書店発売日: 2005/03/06メディア: 単行本 クリック: 9回この商品を含むブログ (58件) を見る鶴見俊輔、津野海太郎スメルは好きですか。いやあ、におうにおう。あ…