宮崎駿

押井守の人生のツボ

押井守の人生のツボ (TOKYO NEWS BOOKS) 作者:押井守 発売日: 2019/08/08 メディア: 単行本 初心者が最初に観るといいアニメを問われ 押井 うーーーーーん、『(科学忍者隊)ガッチャマン』。(略) わたし、『ガッチャマン』を観てなかったら、たぶんアニメス…

もう一つの「バルス」  宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代

増補改訂版 もう一つの「バルス」 ―宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代― (講談社文庫)作者: 木原浩勝出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/09/14メディア: 文庫この商品を含むブログを見る白髪 この頃の宮崎さんの口癖は、 「木原君、この作品は失敗できな…

高畑勲の世界 ユリイカ7月臨時増刊号

ユリイカ 2018年7月臨時増刊号◎高畑勲の世界 -『太陽の王子ホルスの大冒険』『アルプスの少女ハイジ』『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』『かぐや姫の物語』…アニメーション監督の軌跡-作者: 高畑勲,片渕須直,奈良美智,小田部羊一,百瀬義行,中条省平出版…

ジブリの教科書2 天空の城ラピュタ

ジブリの教科書2 天空の城ラピュタ (文春ジブリ文庫)作者: スタジオジブリ,文春文庫出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/05/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る作品の対象、ロケハン 作品の対象として小学生を重視しているのは、『ナウシ…

ジブリの教科書7 紅の豚

ジブリの教科書7 紅の豚 (文春ジブリ文庫)作者: スタジオジブリ,文春文庫編集部出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/09/02メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 『紅の豚』と新スタジオ建設 スタジオジブリは『おもひでぽろぽろ』より社員制…

原点 THE ORIGIN 安彦良和

アニメなどの話は後半にあり。原点 THE ORIGIN作者: 安彦良和,斉藤光政出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/03/11メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る 『遙かなるタホ河の流れ』 安彦はある長編マンガを大学ノート二冊に…

ジブリの教科書5 魔女の宅急便

ジブリの教科書5 魔女の宅急便 (文春ジブリ文庫)作者: スタジオジブリ文春文庫出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/12/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見るタイアップ 宮崎は、ヤマト運輸幹部との初会合の席で「ヤマト運輸の新人研修映画…

ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ

ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)作者: スタジオジブリ,文春文庫出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/04/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (11件) を見る当惑 「実際に映画を終えてみたら、あまり入りたくなかった宗教的領域に、…

誰も語らなかったジブリを語ろう 押井守

タイトルで勝手に期待値を上げたせいなのか……うーむ。聞き手が違う人ならもっと深い話が出たような気がする。誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)作者: 押井守出版社/メーカー: 東京ニュース通信社発売日: 2017/10/20メディア: 単行本この商…

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ作者: 舘野仁美,平林享子出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2015/11/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る順番を飛ばしてこれを最初に。 宮崎駿の下で働くこと [『夢と狂気の王国』で] 鈴…

創造元年1968 対談:押井守 笠井潔

語らずにおいたせいで意味ありげになっていたものが、語ってしまったら意外にアレだった……という面がないでもない。 特に表記のないものはすべて押井守の発言。創造元年1968作者: 押井守,笠井潔出版社/メーカー: 作品社発売日: 2016/09/30メディア: 単行本こ…

ジブリの文学 鈴木敏夫

ジブリの文学作者: 鈴木敏夫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/03/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 悲観論者 宮崎駿は、一般の印象とは随分と違う人かもしれない。(略) 宮さんはぼくが出会った時から悲観論者だった。それも、並…

ハイジが生まれた日―テレビアニメの金字塔を築いた人々

生みの親・高橋茂人の話を中心に展開。 登山をしていた高橋は山に関係する物語だからと野上彌生子訳の『アルプスの山の娘』を読んだ。ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々作者: ちばかおり出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2017/01/27メ…

ジブリを世界に売った男 スティーブン・アルパート

吾輩はガイジンである。――ジブリを世界に売った男作者: スティーブン・アルパート,桜内篤子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/09/16メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ディズニーとの提携 ディズニーは、日本側がこの提携で何を狙っているの…

押井守『009』降板の経緯 鈴木敏夫

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 4作者: 鈴木敏夫出版社/メーカー: 復刊ドットコム発売日: 2014/07/19メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る神山健治『009 RE:CYBORG』 神山 押井さんは、常に新しいことに挑戦したい人なので、「手描きの作…

高畑勲のレイアウト論

アニメーション、折りにふれて作者: 高畑勲出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2013/12/06メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るタエ子のいわゆる「しわ」について [『おもひでぽろぽろ』は『火垂るの墓』の経験を踏まえ、ごく普通の日本人をあ…

宮崎駿、若手を叱る

続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか作者: 宮崎駿出版社/メーカー: ロッキングオン発売日: 2013/11/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見るポニョ 長編アニメーションっていうのは、いかに恵まれたチャン…

鈴木敏夫インタビュー・その2

前日のつづき。風に吹かれて作者: 鈴木敏夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2013/08/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る『おもいでぽろぽろ』 [公開に間に合わなくなり] 宮さんが企画者の一人でもあったから、主要メンバーを集めて…

ジブリ汗まみれ・2 鈴木敏夫

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 2作者: 鈴木敏夫出版社/メーカー: 復刊ドットコム発売日: 2013/07/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る以下「TOKYO FM」の Podcastのリンク 【Podcast】2008/09/04 漫画家の浦沢直樹さんがれんが…

押井守レイアウト論

勝つために戦え!〈監督篇〉作者: 押井守出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2010/02/26メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 14人 クリック: 134回この商品を含むブログ (35件) を見る [『スカイ・クロラ』での≪発明≫は] 一番わかりやすいのは雲を完全に3…

宮崎駿だけど、なにか質問ある?

年忘れ企画。観る前に読んではと思ったまま、すっかり忘却して今頃読んだよ8月発売「CUT」の宮崎駿インタビュー。 世間から突っ込まれるところは当然スタッフからも突っ込まれてるわけで、公開前からそれなりに予想済みだったんだなあw。Cut (カット) 2008…

宮崎駿の回想、鈴木道楽

折り返し点―1997~2008作者: 宮崎駿出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2008/07/16メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 88回この商品を含むブログ (57件) を見る青春の日々を熱く語っている媒体が赤旗日曜版w。時期は「もののけ」公開前 僕には小さい時から…

宮崎駿全書

宮崎駿全書作者: 叶精二出版社/メーカー: フィルムアート社発売日: 2006/03/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (13件) を見る『千と千尋』での安藤雅司と宮崎駿の緊張関係 安藤は、宮崎がこれまで描いて来た理想化された少女…

手塚vs宮崎、どっちがディズニー

手塚がアニメ界の労働環境を劣悪にし、アニメを紙芝居化した、という定説を著者は打ち砕こうとするのですが、弁護しようとして逆に手塚のキラーぶりを露にしているところも。アニメ作家としての手塚治虫―その軌跡と本質作者: 津堅信之出版社/メーカー: NTT出…

宮崎駿「風の帰る場所」

音楽を聴くのが楽しいせいか、本を読む根気がなくて、ついこーゆーの読んじゃうね。風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡作者: 宮崎駿出版社/メーカー: ロッキング・オン発売日: 2002/07/19メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 102回この商品を含むブロ…

宮崎駿の世界vs押井守

宮崎駿の世界―クリエイターズファイル (バンブームック)出版社/メーカー: 竹書房発売日: 2004/12メディア: ムック購入: 3人 クリック: 31回この商品を含むブログ (35件) を見る[鈴木敏夫対談] 『リトル・ネモ』でハリウッドに行きテーマもストーリーも決って…

大塚康生インタビュー

大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽 作者: 大塚康生,森遊机 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2006/01/31 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 42回 この商品を含むブログ (15件) を見る 「止めの美学」について 出崎統さんは、普通なら止…

ハウルの動く城

新作DVDも80円レンタルということで貧乏な僕もようやく「ハウルの動く城」が観れたYO。オウム服の女が歌うオウムソングが大ヒット(全国総オウム化計画に日本の夏はキンチョー)した前作は実際観てみたら「混迷日本下のボーイ・ミーツ・ガール」だったりして…

映画道楽/鈴木敏夫

映画道楽作者: 鈴木敏夫出版社/メーカー: ぴあ発売日: 2005/04/01メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 16回この商品を含むブログ (21件) を見るナウシカのラスト。高畑勲はああ見えて娯楽重視。 最初の宮さんの案では、空から飛んできたナウシカが王蟲の大…