EU

ヨーロッパ憲法論 ハーバーマス

序文 人間の尊厳というコンセプトおよび人権という現実的なユートピア 「政治的なるもの」、カール・シュミット 国民主権と国家主権 インタビュー ヨーロッパ憲法論(叢書・ウニベルシタス) 作者: ユルゲンハーバーマス,J¨urgen Habermas,三島憲一,速水淑子 …

グローバリゼーション・パラドクス・その3 トービン税

WTO体制 金融のグローバリゼーションという愚行 「トービン税」 金融の森のハリネズミと狐 トルコ、ギリシャ 規制が撤廃された新システムの脆さ 「ワシントン・コンセンサス」 南アフリカの苦境 前回の続き。 グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済…

グローバリゼーション・パラドクス・その4 資本主義3.0

アルゼンチンの悪夢 労働基準 企業や資本の国際移動は、移動できない労働者に税の負担を移す グローバル・ガバナンスへの懐疑 EU 資本主義3.0をデザインする 健全なグローバリゼーション 前回の続き。 グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を…

アフター・ヨーロッパ ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか

人権と危機 ブルガリア 中欧の憤り ギリシャ危機 EU危機の核心、EUエリートが憎まれる理由 国民投票 アフター・ヨーロッパ――ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか 作者: イワン・クラステフ,庄司克宏 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/08/04 …

資本主義はどう終わるのか

ヘラー、シュミット、そしてユーロ EU とりあえず第六章だけ読んだ。 資本主義はどう終わるのか作者:シュトレーク,ヴォルフガング発売日: 2017/11/24メディア: 単行本 ヘラー、シュミット、そしてユーロ カール・シュミットの「権威主義国家」にかんするヘ…

フランス現代史 戦争のタブーを追跡する

アルジェリア戦争、アルキの虐殺 「大戦」 強制連行 ペタン、ヴィシー政権 オラドゥールの虐殺 フランス現代史 隠された記憶: 戦争のタブーを追跡する (ちくま新書1278) 作者: 宮川裕章 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/09/05 メディア: 新書 この商…

憲法パトリオティズム 過去の断罪と解消

まず「監訳者あとがき」を先に。 「記憶」と「闘争性」 憲法裁判所 カール・レーベンシュタイン 終息しなかった憲法パトリオティズム ヨーロッパ憲法パトリオティズム 「新しい過去」、他国の過去を断罪すること 自己卑下とヨーロッパ中心主義 統合による過…

夢遊病者たち―第一次世界大戦はいかにして始まったか

1903年セルビア将校が王宮に乱入 パシッチ テロリストたち 困ったパートナー・セルビア 夢遊病者たち 1――第一次世界大戦はいかにして始まったか作者:クリストファー・クラーク発売日: 2017/01/26メディア: 単行本 1903年セルビア将校が王宮に乱入 国王の忠実…

ポピュリズム化する世界・その2

ポピュリズム キャメロンの火遊びが招いた悲劇 右翼ポピュリズム政党の手本となるプーチン 前回の続き。 ポピュリズム化する世界 ―なぜポピュリストは物事に白黒をつけたがるのか?作者:国末 憲人発売日: 2016/09/29メディア: 単行本 ポピュリズム [政治学者…

ポピュリズム化する世界 国末憲人 ルペン父娘

国民戦線、ルペン ルペンの娘 ポピュリズム化する世界 ―なぜポピュリストは物事に白黒をつけたがるのか?作者:国末 憲人発売日: 2016/09/29メディア: 単行本 国民戦線、ルペン [ルペンの「国民戦線」と思われているが] 結党にあたって実際に中心となったのは…

ユーゴ紛争―多民族・モザイク国家の悲劇

22歳のヘラクは これが戦争というものなのだろうか? 投降した国境守備隊 自滅した連邦軍 自己申告制だった所属民族 新しい民族、マケドニア人 ムスリム民族 セルビア・クロアチア語 民族主義に塗りつぶされて マスコミと情報操作 ありがとう、ドイツよ ユー…

EU騒乱 ピケティの本国での扱い

ピケティ『21世紀の資本』の本国での扱い 投機筋に踊らされただけの欧州債務危機 ドイツの戦時賠償 国民戦線(FN) EU騒乱: テロと右傾化の次に来るもの (新潮選書)作者:広岡 裕児発売日: 2016/03/25メディア: 単行本 ピケティ『21世紀の資本』の本国での…

イスラームとの講和 内藤正典 中田考

ムスリムはどこへ行けばよいのか? なぜ難民はドイツを目指すか EUは難民を金で売った イスラームの押しの強さ 崩壊するサウジアラビア エルドアンがカリフに カタール 日本の「国家主義」の欺瞞 安易に使われている「地政学」 ハラール認証利権 ハラール…

ユーロ消滅?―ドイツ化するヨーロッパ

自らを欧州の教師で、道義上の啓蒙家であると理解することで、「二度とないように」という重荷から解放されたい、ドイツ。ユーロ消滅?――ドイツ化するヨーロッパへの警告作者: ウルリッヒ・ベック,島村賢一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2013/02/27メディ…

もう一つのスイス史

パラ見。もう一つのスイス史―独語圏・仏語圏の間の深い溝 (刀水歴史全書)作者: クリストフビュヒ,Christophe B¨uchi,片山淳子出版社/メーカー: 刀水書房発売日: 2012/10メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (3件) を見るスイス人は「敬虔な…

オランダからイギリスへ

近代ヨーロッパの誕生 オランダからイギリスへ (講談社選書メチエ)作者: 玉木俊明出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/09/11メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 42回この商品を含むブログ (11件) を見るアムステルダム 17世紀のアムステルダムが、ヨーロ…