よい移民 ニケシュ・シュクラ

 パッとめくったら「ケンドー・ナガサキ」が目に入り、チラ読み。

よい移民

よい移民

 

ケンドー・ナガサキと私 ダニエル・ヨーク・ロー

[70年代]イングランド西部に住む孤独な中国系ハーフの男子児童が、ケンドー・ナガサキという名の日本人極悪レスラー(略)に、奇妙な「ヒーロー像」を見出す世界です。

(略)

 その当時、中国のものと日本のものは一緒くたにされていました。私は、私のことをチンクと呼ぶ白人の子どもでいっぱいの学校をやめ、私をチンクと呼び、「ChineseとJapaneseは汚い膝kneesをしてる」(韻を踏んでるのが、お分かりでしょうか?)と唄ってくる白人の子どもでいっぱいの別の学校に転校しました。

(略)

私は、自分の家族以外の他の中国系の人びとにはほとんど会ったことがありませんでした。歴史のその時点においては、「東アジア系」という言葉がまだ発明されていなかったようで、私たちのような、おかしな眼の形をした、黄色というか、くすんだ茶色、ないしはオリーブ色をした人びとに対する総称は「オリエンタル」でした

(略)

アメリカでは、「アジア系アメリカ人」たちは「オリエンタル」と呼ばれることを拒否してきました。ここイギリスでは、(少なくとも)中国系はその呼称を肯定的に受け入れてきました。

(略)

[たまにテレビに登場する「オリエンタル」はからかいの対象になるような変なキャラばかり]

かれらの多くを白人たちが演じていたことも驚きでした。(略)

私が世界で一番好きだった《ドクター・フー》でさえ、「イエロー・フェイス」の芝居に一役買っていたのでした。

 

 イエロー・フェイスとは、東アジア人の役を演じるために俳優が使用する一種の舞台メークのことである。(ウィキペディア

 

(略)
 黒人の場合と違い、からかい返す「オリエンタル」のコメディアンは現れず、私たち「オリエンタル」には、「オリエンタル」なポップ・スターさえいませんでした。ロッド・スチュワートの〈ドゥー・ヤ・ティンク・アイム・セクシー?〉のビデオには、ベースを演奏する日本人の青年が出ていまして、その曲は、当時は永遠に思えたほどの長い期間、音楽チャートの一位を占めていましたので、この見た目はほとんど中国系と変わらない格好いいお兄さんが、《トップ・オブ・ザ・ポップス》に毎週登場してはいましたが。

 そういう状況だったのです。

 そこにケンドー・ナガサキが現れたのです。

 ケンドーは本当にすごい奴でした。(略)

息を飲むほどの俊敏な身のこなしと、躍動感あふれる蹴り技と、見事な策略を巡らせた反則行為とのコンビネーションで、ケンドーは不運な対戦相手たちをいとも容易くやっつけ、全試合で勝利を収めました。

(略)

凝った方法でリングに上がり、観衆からのブーイングと怒号を楽しみながら、曲芸のような準備運動をしました。彼は観客たちを不遜な態度でからかいました(そして、必然的な勝利の後にも再び同じことしました)が、その振る舞いは、人種的ないじめを受けている児童には、ついに訪れたエスニック・マイノリティの反逆に見えたのです。

(略)

ケンドーは、派手な東洋趣味のコスチュームのひとつとして、マスクを被っていました。(当然ながら)アジア人型の目のかたちにスリットが入っていたそのマスクは、彼の顔を全部覆い、彼をさらに悪役っぽく見せていました。レスリングには、マスクをしたレスラーたちに関する奇妙なルールがありまして、彼らがそのマスクを取るのは、リングの上で敗れた時だけ、ということになっていました。

 しかし、そんなことはケンドー・ナガサキには決して起こりませんでした。彼は誰よりも素早く、(デヴィド・キャラダインの出来損ないのスローモーションとは違う)「本物」のカンフーができ、レフリーの目を盗んで、ささっと小さなパンチを巧みに叩き込み、対戦相手がリングから落ちた後も戦いを続け、必要とあらばレフリーをのしてしまうことさえ上手にこなしました。

(略)

 それから何年にも思われた時間が経った後、その運命の日が訪れました。

 ケンドーは(ミック・マクマナスか、別のつまらない善玉レスラーに)負けてしまったのです。(略)

観客が大きな歓声をあげる中、悪名高きケンドー・ナガサキのマスクを、勝者が剥がす瞬間がやってきたのです。

 ケンドーがひざまずき……。

 一本の手が彼のマスクを引っ張りました。私は覚悟を決め、見事なまでに不屈の表情を浮かべるケンドーの、誇らしいアジア的な顔を拝むことになるのだと、心を慰めていました。

(略)

マスクが剥ぎ取られ……

現れたのです……

白人の男が。

!!!!????!!!!????!!!

憎たらしい白人の男がもうひとり。

(略)

 ご注意ください。ウィキペディアやユーチューブなどをちらっとでもご覧になれば、私がおそらくケンドーと、東アジアをテーマにした別の覆面レスラーを混同してしまっていたことがお分かりになるでしょう。そのレスラーは「カン・フー」という想像力豊かな名をしていまして、今見ると失望するほど野暮ったく見えるケンドーよりも、はるかに華麗な格好をしていました。それからケンドーが、試合途中にビッグ・ダディーの手でマスクを剥ぎ取られ、金髪ではなく、茶色の髪をした禿かかっている白人であることが露わになる様子を写した動画も出てきます。(略)

黄色 ヴェラ・チョック

  私は黄色です。背が低く黄色い女で、エスニシティで言えば一〇〇%中国系です。(略)

 中国は私を怯えさせます。私は中国のどの方言も話すことができませんし、中国の慣習に馴染みはなく、箸を使うのはそうせざるをえない時だけです。マレーシアに住む家族は、世界中に拡散した中国系ディアスポラの一部です。もし中国を訪れることになれば、私の明らかな異質性のせいで恥をかくことになりはしないかと心配しています。

(略)

あるイギリス生まれの中国系女性の知り合いが言ったように、「中国なんてモザンビークやカナダと一緒よ──遠くの国。そこに住んでいる人たちと、私の見た目がたまたま似てるってだけのこと」なのです。私は隣の白人と同じぐらい、西洋文明なるものに中国が与えるかもしない脅威のことを懸念しているのです。

(略)

 私の夢に出てくるのはマレーシアです。ココナッツの木と赤道直下の熱気の国(略)私が郷愁を抱くのは、この東南アジアの国の山と海の匂いに対してです。私の口は、マレーシアのさまざまなものの形や音を語りたがっています。

(略)

[2013年フェイスブック上での出会い系アプリ分析で]

「アジア系以外のすべての男性がアジア系の女性を好んだ」ことが明らかになりました。すべての男性が、です。アジア系女性の身体のフェティッシュ化は、きわめて問題です。性的な従順さと旺盛な性欲、そして寡黙さが、非常に巧妙かつ悪質に組み合わせられています。

(略)

魅力的に思われようとすれば、私たちは小柄で柔和なことが求められます。冷淡で自動人形のようで女王様然とした魔性の女であるアジア系女性、というもう一つのステレオタイプがありますが、そうした女性にはあまりメールの注文が入らないようです。私は昔ある時に「かわいらしい」服を着ることをやめました。年齢や見た目に関係なく、どんな白人男性と出かけても、私は話題にされ、見下されたからです。私は彼に付き添う女か、メール・オーダー・ブライドとみなされていたのです。白人のボーイフレンドと夕食をとるため彼に会いにいった私の友人は、レストランから出ていくよう言われました。店の者は彼女が客引きをしていると思い込んだのです。

(略)

受動的なアジア系の身体を征服/植民地化したいという暴力的な男性的欲望に警戒心を抱いています。

(略) 

カースト主義の永続 サラ・サヒム

カースト制が創造されたことに対しては、イギリス人は直接的な責任を持たないとはいえ、かれらが植民地化の過程でイギリス独自の階級制度と人種差別の暴力とをインド人に押し付けたことが、カースト制を強化したのである。

(略)

 カーストは、ダリット(「抑圧された者」の意)を最下層に、司祭・学者階級のバラモンを頂点に置いた

(略)

カーストは他の国々や、インド系ディアスポラのあいだにも浸透している。それは植民地主義震源、イギリス本国にも広まっているのだ。

(略)

 「カースト」という用語自体はイギリスが作ったもので、一八七一年のインドの国勢調査用紙で導入された。この調査がカーストによる階層秩序の創出を助長し、この階層秩序は複雑なヴァルナ(ヒンドゥー教社会を分割する古来の身分制度)に関するイギリス人の誤解を通じて、バラモンに多大な特権と社会内での有利な立場を与えることになった。ヴァルナそのものには──イギリス人が到来する以前には──欠陥がなかったと言っているわけではない。インドではカーストに基づく差別は違法になっているにもかかわらず

(略)

カースト主義は今日も横行しているばかりか、その存在を認めようとしない人たちが余多いるのだ。

 カースト間の関係も複雑である。グジャラート州バラモン の母と、アフガニスタンパシュトゥーン人の父を持ち、薄い肌をした、若い女である私は、多くの特権を手にできてきたし、それを当たり前のものと思ってきた。私の家族はカースト主義に関心を持ったことがなく、私もそうだった。私たちは差別をしたことも、カーストの規範を遵守したこともない。しかしこの「カーストを意識しない」態度は極めて有害である。

(略)

 インドでカースト制が建前上は終焉した後、積極的差別に似た制度が現れた。いわゆる「割当制度」である。(略)

この制度は、「その他の後進的階級」や「指定カースト」や「指定部族」といったグループを設けた。(略)

[下層カースト民救済のために]人びとをある職場に配属しても、その制度だけが理由でかれらはそこにいると考えられてしまうようであれば、それはそれで別の問題を生み出してしまう。

 (略)

 ガンディーは悪の大英帝国と戦った平和的な抗議運動の牙城とみなされたが、彼の手法はアンベードカル博士を含めた多くの人びとに不満を残した。たしかにガンディーの努力は反植民地主義運動を進展させたが、そのことによってただちに彼のカースト主義が免罪されるわけではない。遡ること一九三一年、ロンドンで開かれた英印円卓会議で、ダリットの分離選挙を要求したアンベードカル博士の主張に、ガンディーは反対した。そのためダリットたちは、ガンディーがムンバイに戻るとすぐ、この問題についての彼の態度に抗議した。そして下層の虐げられた階級に別個の選挙区が与えられると、機嫌を悪くしたガンディーは、アンベードカル博士が妥協するまで抗議のハンガーストライキを続けたのだった。アンベードカル博士は、ダリット独自の選挙区を持たないかぎり、かれらは「ヒンドゥー教徒の意のまま」にされると懸念したのであり、後から考えれば、彼の危惧は理にかなったものだったように思われる。他方、ガンディーは「不可触民の問題」はすぐに過去のものとなると信じていた。歴史の再構成と改竄はガンディーに有利に働いてきた。ハンガーストライキは、勇敢な形態の政治的抵抗とみなされ、これがガンディーについての認識をさらにロマン化した。しかし、こうした心情は下層カースト民には共有されていない。かれらが政治的な力を欠いている状況は変わらぬままだからである。

 このカースト差別の強化にイギリス人は関与したわけであるが、白人のイギリス人が行なう人種差別は、下層カーストの者だけでなく、あらゆる人びとに及んでいる。人種差別はダリットとバラモンを区別しはしないのだ。人種差別主義者たちにとっては、すべてのインド人は同じなのだ。世間体政治が、イギリスにおけるインド人の扱いを、カーストや社会経済的な身分の違いによって変えるよう促したところで、結局はやはり人種差別を受けることになのである。

 社会の中での人種差別はしばしば分割統治の戦略を通じて作用し、たいていの場合、階級主義や他の形態の抑圧とも絡み合っている。構造的人種差別は、個々の集団を自分たちの階級に──この場合はカースト差別に──しがみつかせることによって、協力すればもっと強くなれるコミュニティを分断してしまう。

(略)