モッズとマグロ女とうなぎパイ

タイトルは意味なし。PeteTownshendの好物がEelPieだから。

英語クリーシェ辞典―もんきりがた表現集

英語クリーシェ辞典―もんきりがた表現集


"All Mod Cons"といったらジャムなのですが、これのモジリだったのか

‘all modern conveniences’ の略。元来は住居について使われ、バスルームなどの近代的な配管設備のことを指し、‘a desirable rural cottage with all mod cons’ (最新設備完備の田園豪華コテージ)と、いった具合に不動産業者の売り口上に用いられた。現在もこの意で使われるが、今日の住居では近代的配管はほぼ当たり前になったので、もっと広い意味でも使われるようになった。ただし、たいていはユーモアか皮肉をこめて使われる。(略)Talk about all mod cons.The office the agency sent me to didn't even have an electric typewriter. (最新設備完備、だなんてよく言うぜ。派遣会社に言われて行ってみたら、オフィスに電動タイプ一台ないんだからね。)

  • 由来がオモロ

keep one's powder dry

まだ行動を起こしはしないが、準備は整えておくこと。(略)1642年、オリヴァー・クロムウェルがエッジヒルの戦いを前にして部下たちに言った。 ‘Put your trust in God, but keep your powder dry' (神を信頼せよ、だが火薬は濡らさずに保て。)

pie in the sky(絵に描いた餅)

実現しそうにない成功・利益の展望。(略)20世紀初めに結成された世界産業労働者組合が歌っていた歌詞から。 ‘You will eat,bye and bye,/In the glorious land above the sky! / Work and pray,live on hay,/You'll get pie in the sky when you die.’(そのうちね、死んだらね、天の極楽でおまんま食えるさ! 働いて祈れ、ワラ食って生きろ、死んだら天国のパイがもらえるさ。)その後アメリカでクリーシェとなり、さらに大西洋を渡ってイギリスに広がった。

  • 恐怖マグロ女

close your eyes and think of England

元はおそらく、過酷な環境に、もしくは好みに合わない異国の地にいる人物への助言として使われていたと思われるが、次第に、夫と性的関係を持ちたくはないが我慢しなくてはと思っている女性への助言に使われる方が多くなった。

女性の皆さんはピストン運動中の男を冷ややかに見ているのでしょうが、男の方もね屹立させるために色々思い浮かべて大変なんDEATH、愛情がある方が屹立しなかったりするというか(略)。笑いを誘う哀愁に思わずキャプったフラッシュCM。


こんなアホ画像ばかりではなんなので下記本より。

図解 ヨーロッパ中世文化誌百科 下 (世界史パノラマ・シリーズ)

図解 ヨーロッパ中世文化誌百科 下 (世界史パノラマ・シリーズ)

クリックすると大きくなります。

オランダの水差し。
悪妻の尻に敷かれるソクラテス
1400年頃。

食人の恐怖。人間と半人の化け物。
キノモログスとアンスロポファグス
1277年以降